医療脱毛の痛みの原因とアフターケアの方法をまとめてみた

「医療脱毛ってかなり痛いって聞くけど、どんな痛さなんだろう?」「肌が弱い人は炎症を起こすともあるって聞いたけど本当?」などなど初めての脱毛の時は不安がいっぱいありますよね。

この記事では、医療脱毛クリニックに通う前に知っておきたい痛みの原因とアフターケアの方法について徹底的に解説してきます!

医療脱毛の痛みの原因

どうして美容脱毛と違って医療脱毛は痛みを伴うのでしょうか。

その原因は、医療脱毛の仕組みにあります。

レーザー脱毛では、毛乳頭細胞と呼ばれる毛に栄養を送る細胞を破壊することによって毛が成長しない状態を作り出すことができます。毛乳頭細胞は破壊されると二度と再生しませんから、理論上永久脱毛が可能になります。

この時に、毛乳頭細胞を肌の上から的確に見つけ出すことができれば良いのですが、そのような技術は現代にはありません。

そのため、現在はメラニン色素に吸収されるレーザーを活用しています。

皆さんが憎んでやまないムダ毛はメラニン色素を持っているため、肌の上からレーザーを照射するだけで勝手に毛にレーザーが吸収されるというわけです。

しかしこの方法では一つ欠点があります。――それは、私達の肌にもメラニンがあるということです。

肌のメラニンにも吸収されて痛みを伴う

引用:The State University of New Jersey

日頃からスキンケアに余念がない諸姉連合ならご存知だろうが、私達の肌は外的な刺激を受けると肌を守ろうとしてメラニンを生成します。
これは毛が持つメラニン色素と同じでレーザーを吸収してしまうのです。つまり肌のメラニンが原因で肌にレーザーが吸収されてしまい、肌の細胞が破壊されるわけですね。

もちろん、痛みには個人差があり、「チクッ」とした痛みを感じる方や「熱い」と感じる方もいます。それは肌のメラニンの量によって異なると考えられます。

また、厚い肌の部位では感じない痛みも、肌が薄く敏感なところでは大きく違うこともあり、脱毛の痛みは人によって様々です。

特に痛い部位はどこなの?

特に痛みを感じやすい部位は、ほとんどの方がVIOと答えるでしょう。VIOは比較的色素沈着が強く、そして皮膚が薄いので外的な刺激に敏感です。

前述した肌にメラニンが吸収されることと、皮膚が薄いことのダブルパンチの痛みなので、過剰な痛みを伴います。このことについては、「VIO脱毛の痛み」でも解説しておりますので、是非参考にしてください。

他にもひざ下やひじ等の皮膚が薄い部分も痛みを感じやすく、骨に響くような痛みを感じるという方もいらっしゃいます。

痛みが強い=効いてるってこと??

よく「良薬口に苦し」とは言いますが、脱毛に関しては必ずしも痛いからといって効いているわけではありません。
もう少し詳しく言うと、痛くなくても脱毛効果は得られています。

痛みが強いということは、それだけたくさんのレーザーが照射されているわけですから、たしかに脱毛効果が高いといえますが、レーザーの種類や肌質によって少量のレーザーでも痛みを感じる場合はあるため、必ずしも痛みと脱毛の効果はイコールではないということです。

痛くない医療脱毛ってないの??

最近では、SHRという弱いレーザーで高い脱毛効果を得られる脱毛器がでてきました。

聖心美容外科やレジーナクリニック(※梅田院のみ)でも導入している「ソプラノアイスプラチナム」は痛くない医療脱毛として有名で、肌表面を冷却した上からレーザーを照射するため、ほとんど痛みを感じないと言われています。

また、クリニックは病院なので、3,000円程追加料金はかかりますが、麻酔をしてもらうことも可能です。どうしても痛みが怖い方は麻酔を受けると良いかもしれませんね!

脱毛後のアフターケア

人によっては脱毛の最中だけでなく、肌が炎症を起こしてしまい施術後も痛みが続くことがあります。

多くのクリニックでは、脱毛による肌トラブルに対しては院内で診察および薬の処方をしてくれますが、それ意外にセルフケアで気をつけておいた方が良いことが3つあります!

Point
  • 濡らしたタオルで肌を冷やす
  • 極力直射日光を浴びないようにする
  • 当日の入浴は控える

施術後の肌の痛みは肌が熱を持つことによるヒリヒリとした痛みですから、できるだけそれ以上肌に熱を与えるようなことは避けたほうがよいとされています。

直射日光を浴びたり、入浴したりするとさらに肌の温度が高くなってしまうので、なるべく長袖で来院するようにしたり、ぬるめのシャワーで体を洗うようにすると施術後の痛みは緩和されます。

なるべく女性カウンセラーがいるところに通おう!

医療脱毛クリニックでは、施術は女性看護師さんが対応してくれますが、カウンセリングは男性医師がする場合が多いです。VIOのようなデリケートゾーンの肌トラブルの悩みはいくらお医者さんとはいえ男性の前で言うのは恥ずかしいですよね。

リゼクリニックでは医師によるカウンセリングとは別に、女性カウンセラーによるカウンセリングも行ってくれるため、安心して悩みを相談できる体制を整えてくれています。
脱毛効果についてももちろんですが、こういったサービス面、配慮が行き届いていることも医療脱毛クリニック選びに重要な要素だと思います!

リゼクリニックの詳細

脱毛サロン・クリニックを探す