VIO脱毛の痛みの原因と脱毛効果を落とさずに痛みを和らげる方法を解説!

脱毛の痛みは特にVIO脱毛が強いと言われています。特に痛みが強いと言われる医療レーザー脱毛では、涙が出るほどの痛みを経験したという方も多いようで、中には麻酔を使用する方もいるほどです。確かにデリケートゾーンは刺激に敏感なイメージがありますが、一体なぜそんなに痛みが強いのでしょうか?

この記事ではVIO脱毛の痛みが強い原因を解説するとともに、痛みを和らげる方法についてもご紹介していきたいと思います。

VIO脱毛の痛みの原因は2つある!

VIO脱毛の痛みの原因を解説する前に、少し脱毛の仕組みについておさらいしておきましょう。

脱毛サロンでも医療脱毛でも毛が持つメラニン色素に反応させて毛乳頭細胞という毛に栄養を与える役割を持った細胞を破壊していきます。
レーザーはメラニン色素に反応して集まっていきますから、この特性を利用して効率よく毛の細胞組織を破壊(美容脱毛ではダメージを与える程度)することができるのです。

まとめると、レーザー脱毛とは、毛のメラニン色素に頼って毛乳頭の位置を感知し、毛に栄養を与える細胞を破壊することで、栄養供給源を断って成長しない状態を作り出す行為なのです。

レーザーが肌のメラニンにも反応してしまう

ここで理解しておきたいのは、どんなに色白の方でも肌にはメラニン色素を持った細胞が存在するという点です。特にデリケートゾーンは多くの場合多くの女性が色素沈着しているので、メラニン色素が強い部位になります。

メラニン色素は、衣服の摩擦などの外部からくる摩擦から肌を守ろうとして生成されるものなので、下着を身につける文化がある私達日本人はどうしてもメラニン色素が多くなってしまいます。

脱毛レーザーはメラニン色素に反応すると説明しましたが、もうお分かりですよね?VIO脱毛は肌のメラニンにもレーザーが集まってくるので、それはもう激痛が走るわけです。細胞が破壊されているのですから、当然です。

皮膚の薄さも痛みの原因

VIOラインの中でも特に痛みが強いのはIラインだと言われています。皮膚が薄く神経が集中している部位ですから、痛みに敏感なのです。他にも皮膚が薄いヒジやヒザの脱毛も「骨に響く痛み」と表現されることがしばしばあります。

多くの脱毛機は、皮膚が熱く毛根から深い位置にある毛根にもレーザーが照射できるように設計されていますから、皮膚が薄い部位専用の脱毛機なんかがあれば良いのですが、クリニック側のコスト面を考えるとそれも難しいようです。

VIO脱毛の痛みを和らげる方法

ではそんなVIO脱毛の痛みを和らげる方法にはどんなものがあるのでしょうか?我慢するしかないのでしょうか?
いいえ、ちゃんと痛みが弱い方でも脱毛ができるように技術は日々進歩しているのです。以下では3つの方法をご紹介していきたいと思います。

ただし、VIO脱毛の痛みを和らげることができるのは、医療脱毛クリニックだけですので、以下では医療脱毛についての解説になります。

1.ヤグレーザーがあるクリニックで施術を受ける

まず、最も現実的な方法はヤグレーザーによる施術を受けるということです。
脱毛レーザーには3種類があることは過去の記事でも解説しましたが、その中でもメラニン色素に反応しにくいのはヤグレーザーだけです。

ヤグレーザーは1064nmという長い波長を持っており、毛根が深い位置にあるVIOラインの脱毛に高い効果を発揮するレーザーです。VIOラインは毛根が深い位置に根ざしているので、波長が短いアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーでは届かない部位にもレーザーを届けることができます。

さらにメラニン色素に反応しにくく、浸透性が高い脱毛レーザーですので、表皮へのダメージがほとんどなく脱毛ができるのです。しかし表皮へのダメージが無い分、深い位置へパワーが集中するので他のレーザーとは違った痛みがあると言われています。どちらかといえば痛いより熱いという表現が正しいかもしれません。

ヤグレーザーは産毛にも効果が高い!?

ヤグレーザーは波長が長いから産毛にも濃い毛にも効果があると言われることがあります。しかしよぉ〜く調べてみると、クリニックの意見が食い違っているのです。少しクリニックの公式の見解を引用してみましょう。

まずはリゼクリニックの運営するサイトの引用文です。

ヤグレーザーは他の機器に比べレーザーの波長が長く、レーザーの光が肌の奥深くまで届くため、VIOやワキなどの濃く太いムダ毛に効果的です。色素に反応しにくいという特徴もあり、色素が薄い産毛に対する効果は薄いのですが、日焼けした肌でも脱毛を行うことが可能です。
引用:Kenasiii

続いて、同じくヤグレーザーを導入しているクリニックである<フェミークリニックの見解は以下の通り。

レーザーがメラニン色素への吸収が弱いことから産毛に近い細い毛質にも対応でき、レーザーが深いところまで届くため、男性のひげ脱毛など根深い毛質にも適したレーザーです。
引用:フェミークリニック

「あれ…?どっち?」ってなっちゃいますよね。しっかり情報を整理してから公開してほしいものです。管理人の見解としては、リゼクリニックが正しいです。

リゼを贔屓してこのように言っているわけではなく、メラニン吸収率が低いと産毛への効果が低いというリゼの見解のほうが科学的にも納得できます。

ヤグレーザーは波長が長く、表皮から近い位置にある産毛への効果は極端に薄いと考えられます。まずは以下の画像をチェックしてみてください。

このように、ヤグレーザーは表皮部分を通り過ぎてしまう特性があります。ですので、表皮へのダメージが少ない分、表皮から浅い位置に毛根がある産毛の脱毛効果が薄いと考えられるのです。

ヤグレーザーが痛いという口コミが多い

口コミではヤグレーザーは痛いと言われることが多いのですが、これはおそらくVIOやヒゲ、ワキのような痛みを感じやすい部位に使用される頻度が高いからでしょう。

確かにヤグレーザーは深い位置までレーザーが届くので、例えば色白の方の脚脱毛にアレキサンドライトレーザーとヤグレーザーを使用した場合はヤグレーザーのほうが痛みは強いと思います。
しかし、VIO脱毛においては、ヤグレーザーのほうが痛みは少ないと考えられます。例えば、痛みを10段階で順番をつけたなら、以下のようになります。

脱毛部位 アレキサンドライトレーザー ヤグレーザー
3 5
VIO 8 6
7 5

ヤグレーザーの痛みは深い位置にレーザーが届くことによる痛みですので、アレキサンドライトレーザーとは異なり、皮膚の薄さによって痛みを感じやすいことはあっても、ほとんど差がないと考えられます。

2.バルジ脱毛に対応したクリニックで施術を受ける

ヤグレーザーの解説が長くなってしまいましたが、本題に戻りましょう。VIO脱毛の痛みを和らげる方法でしたね。次に考えられるのは、バルジ脱毛による施術を受けるという方法です。

バルジ脱毛とは、ここまで解説してきた脱毛の方法とは異なる脱毛方式です。ここまで解説してきた脱毛方式は、毛に栄養を与える役割を持つ毛乳頭細胞をターゲットとしたものです。

一方で、バルジ脱毛はバルジ領域という毛母細胞(毛根)を生成する役割を持った部分を破壊することで脱毛効果を得ようというものです。

そのバルジ領域は、毛乳頭細胞に比べて表皮から浅い位置に存在します。

そのため、従来より弱いパワーのレーザーで破壊することができると言われています。あくまで「言われています。」です。

科学的にはバルジ領域を破壊すれば毛母細胞が生成されることがなくなることは証明されていますが、「一時的」なのか「永続的に」なのかは未解明です。
理論上は確かに永久脱毛が可能なのですが、バルジ領域については分かっていないことが多いため、その辺りは自己責任ということになります。

とはいえ、痛みが少ないのはかなり魅力的で、事実最新のバルジ脱毛対応のマシンである「ソプラノアイスプラチナム」は痛みがほとんどありません。施術が終わったら「えっ、もう終わり?」と感じるはずです。

バルジ脱毛については過去の記事でも詳しく解説しておりますので、是非参考にしてみてください。

バルジ脱毛にも痛みがあるって聞いたけど

バルジ脱毛に対応した脱毛機は複数あります。有名なものだと、先程ご紹介したソプラノシリーズに加えてメディオスターシリーズがあります。
ソプラノアイスプラチナムは確かに痛くないのですが、メディオスターは痛くないわけではないです。確かに痛みは弱いですが、痛みの種類が異なるため、メディオスターのほうが嫌いと言う方もいらっしゃいます。

このメディオスターを導入しているリゼクリニックも以下のように運営サイトで記載しています。

「痛みが緩和された」という情報もありますが、痛くないということはありません。「メディオスターNeXTの、痛みの種類が変わった」と言う方が正しいかもしれません。
引用:kenasiii

痛みについては感じ方は人それぞれなので、こればかりは試してみる他なさそうです。

笑気麻酔、麻酔クリームを利用する

最後になりますが、痛みを緩和する方法にい笑気麻酔や麻酔クリームという方法があります。

笑気麻酔とは、お酒に酔っ払ったような状態になる麻酔のことで、ガスを吸引すれば痛みに鈍感になることができます。

また、麻酔クリームは表皮部分の神経を麻痺させるものです。これによってアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーによる痛みは緩和されます。
が、ヤグレーザーの痛みは表皮より深い位置で感じる痛みであるため、ほとんど効果がないです。

麻酔には追加料金が発生する

各クリニック料金は異なりますが、だいたい1回3,000円程度の追加料金を支払うことで麻酔をしてもらうことができます。
医療脱毛クリニックの場合は、だいたい5回程度通えば脱毛が完了するので、5回×3,000円の15,000円程度の追加料金ということになります。

VIO脱毛が完了する回数については、過去の記事で解説していますので、気になる方は参考にしてみてください。

レジーナクリニックでは麻酔クリームが無料

レジーナクリニックという脱毛クリニックでは、麻酔クリームを無料で塗布してもらえます。レジーナクリニックはアレキサンドライトレーザーを搭載しジェントルレーズプロを採用しているクリニックですので、痛みに弱い方がVIO脱毛をするのにはピッタリかもしれませんね!

レジーナクリニックの公式サイト

VIO脱毛するならおすすめのクリニック

さて、それではここまで解説してきたポイントを踏まえてVIO脱毛をするためにおすすめの脱毛クリニックについてご紹介していきたいと思います。是非参考にしてみてくださいね!

効果を重視するならリゼクリニック


まず間違いないのはリゼクリニックです。バルジ脱毛に対応したメディオスターNeXT PROに加えてヤグレーザーを搭載したジェントルヤグを全院で導入しているポイントや
メラニン色素を分散させながら脱毛ができるライトシェアデュエットという脱毛機を導入しています。そのため、確実な効果を最小限の痛みで得ることができます。

料金は少し割高ですが、全身脱毛をする場合もリゼクリニックにしておけば後悔をすることはないです。

VIO脱毛の料金(5回) 全身脱毛+VIO脱毛の料金(5回) バルジ脱毛 ヤグレーザー
¥99,800 ¥358,000

リゼクリニックの公式ページ

バルジ脱毛なら聖心美容クリニック


先程紹介した痛みがない脱毛機であるソプラノアイスプラチナムを導入しているのは聖心美容クリニックです。ソプラノアイスプラチナムは3種類のレーザーの波長を同時照射するため、どのような毛質でも肌質でも高い脱毛効果が期待できます。

聖心美容クリニックは痛みにてついては相当な自信があるようで、「痛みを感じたら返金します」みたいなキャンペーンも開催しています。ただしリゼクリニック同様脱毛料金は少し割高ですし、追加料金も取るところはとってきますので、少しでも安く…と考えている方はリゼクリニックのほうがオススメです。

VIO脱毛の料金(5回) 全身脱毛+VIO脱毛の料金(5回) バルジ脱毛 ヤグレーザー
¥80,000 ¥384,000 ×

聖心美容クリニックの公式ページ

麻酔クリームが無料のレジーナクリニック


全身脱毛も一緒に考えているならレジーナクリニックは安くておすすめです。数あるクリニックの中でもトップクラスで安いですし、先程も紹介した通り麻酔クリームを無料で塗布してもらえますので、痛みに関する心配も少なくてすみます。

レジーナクリニックにはジェントルレーズプロという最新式のアレキサンドライトレーザーを搭載した脱毛機が導入されています。このジェントルレーズプロはパルス幅というレーザーの強さを調整できる機能がついているため、痛みに耐えきれない場合はパルス幅を調節してもらうことができます。

また、解約手数料が無料であることや、シェービング料金がかからないという明朗会計であることもおすすめできるポイントです。

VIO脱毛の料金(5回) 全身脱毛+VIO脱毛の料金(5回) バルジ脱毛 ヤグレーザー
¥84,000 ¥273,000 × ×

レジーナクリニックの公式ページ

痛みを我慢できるなら湘南美容クリニック


ここまで読んでいただいて、痛みを我慢できそうだという方は料金が安い湘南美容クリニックがおすすめです。脱毛クリニックの中でもトップの院数を誇り、通っている人も一番多いのが湘南美容クリニック(SBC)です。

脱毛機はアレキサンドライトレーザーを搭載したジェントルレーズ(レジーナクリニックの脱毛機の旧式)ですので、痛みについては覚悟する必要がありますし、安全のためにVIOの脱毛を断られてしまう場合もあります。

とはいえやはり料金に関してはトップクラスに安いので、非常に魅力的ですね。

VIO脱毛の料金(5回) 全身脱毛+VIO脱毛の料金(5回) バルジ脱毛 ヤグレーザー
¥58,000 ¥348,000 × ×

湘南美容クリニックの公式ページ

キレイのためには多少の我慢は付きもの

色々と解説してきましたが、最終的にはやはりある程度の我慢が必要になります。何かを得るためには対価が必要です。
ツルツルな肌を手に入れるためには痛みを我慢する必要があるのです。

最終的に精神論みたいなところに落ち着いてしまいますが、とにかく苦労せずに手に入るものに価値はないのです。(至言)

とにかくカウンセリングを受けてみよう

痛みが怖いとしても、まずはクリニックに足を運んで無料のカウンセリングを受けてみましょう。
特にどれくらい痛みがあるのかについては、脱毛機によっても違ってきますし、よりリアルな声を聞いたほうが安心できると思います。

ちなみにインターネット上には様々な口コミが投稿されていますが、ほとんどは誰かが偽装しているものであったりすることが多いので、当てにせずにプロの意見を聞きに言ってみるのが一番です。

脱毛サロン・クリニックを探す