NIR Plusとは

NIR Plusとは、梅田ビューティクリニックや大阪美容外科で使用されている、ダイオードレーザーを搭載したFHR脱毛に対応した脱毛機。

FHR脱毛とは、First Hair RemovalとFlexible Hair Removalの両方の意味があるが、仕組みはほとんどSHR脱毛と同じであり、毛包全体を温めることでバルジ領域内の幹細胞を破壊することで脱毛効果を得ようとするものである。唯一SHR脱毛と異なる要素は「Elight」というラジオ波とIPLをミックスした近赤外線の使用の有無である。

Elightは通常の医療脱毛に用いられる近赤外レーザーと比べて波長が長く、メラニン吸収係数が低いため、「SHR脱毛よりもさらに幅広い肌質で脱毛が可能」だと言われている。白人に比べてユーメラニンを多く保有する私達黄色人種は、メラニン吸収係数が高い脱毛レーザーを使用すると火傷のリスクが高くなるため、出力を抑え気味に照射する必要があるが、NIR Plusであれば火傷のリスクを気にせずに脱毛することができるためだ。

NIR Plusの脱毛効果は低い

幅広い肌質で脱毛することが可能なNIR Plusであるが、照射するレーザーのメラニン吸収係数が下がってしまうと脱毛効果まで下がってしまう。なぜなら、脱毛は毛の保有するメラニン色素に吸収させることで熱エネルギーを発生させ、その熱によって毛細胞を破壊するという仕組みであるためである。このため、ジェントルレーズやライトシェアデュエットのような800nm付近のメラニン吸収係数が高いレーザーを搭載する脱毛機に比べて脱毛効果は低い

また、FHR脱毛やSHR脱毛は最近の研究によって永久脱毛効果を得ることができない可能性が出てきた。FHR脱毛がターゲットとする幹細胞は17型コラーゲンがある限り維持され続けるため、100%破壊しきらない限り数年後に毛が生えてきてしまうためだ。(※バルジ脱毛と永久脱毛の関係については「バルジ脱毛は永久脱毛ではない!?よくある勘違いと注意点3選」を参照。)

これらのことから、メラニン吸収係数が低く、さらに永久脱毛ができるかどうかが如何わしいFHR脱毛方式を採用するNIR Plusの脱毛効果は他の脱毛機に比べて低いということが言える。NIR Plusは日焼けをしている人や生まれつき褐色肌で、普通の脱毛機では脱毛をすることができない人には向いている脱毛機であるが、比較的肌の色が白い人には向かない脱毛機であるといえる。あくまで目安ではあるが、以下の画像で言うところのスキンタイプ1〜3の人には向いておらず、スキンタイプ4〜6の人に向いている脱毛機である。(※肌の色と脱毛効果の関係については、「レーザーの種類によって脱毛効果に違いがあるのはなぜ?」を参照。)

スキンタイプ
引用元:American Laser MED SPA

脱毛サロン・クリニックを探す