ライトシェアデュエットとは

ライトシェアデュエットは、ルミナス社が製造する世界でナンバーワンのシェアを持つ脱毛機。メラニン吸収率を程よく抑えた805nmのダイオードレーザーを搭載されており、このため幅広いスキンタイプでの脱毛が可能。Vacuum assistによる痛み軽減やパルス幅調節など様々な患者目線の機能が搭載されていることからも、ナンバーワンのシェアを持つに頷ける非常に優れた脱毛機だ。

アメリカ食品医薬品局(FDA)から永久的な毛の削減効果がある脱毛機として認可されている脱毛機の一つで、日本ではシネロンキャンデラ社のジェントルシリーズと並んで有名な脱毛機。リゼクリニックやアリシアクリニックではこの脱毛機が導入されており、2院の人気が高いのもやはり日本人の肌に合うライトシェアデュエットを使用したレーザー脱毛を提供していることが大きな要因だろう。

ライトシェアデュエットの特徴はなんといっても世界的に認められたダイオードレーザー脱毛機であるという点。ダイオードレーザーは3種類ある脱毛レーザーの中でもメラニン中間波長を持っており、うまく肌のメラニンを避けて毛細胞を熱破壊することができるため、白人に比べてメラニンを多く持つ私達日本人にとっては理想的な脱毛レーザーだと言える。ダイオードレーザーを搭載した脱毛機は中国産のものが多く、信用しきれないものも多いが、ルミナス社はソプラノアイス・プラチナムのメーカーとしても有名なアルマレーザー社と同じイスラエルの会社。日本を含む世界に拠点を置いている信用力の高い医療レーザーマシンのメーカーだ。

脱毛ミーアとしても世界一優秀なレーザー脱毛機としてライトシェアデュエットを評価しており、ライトシェアデュエットを導入しているクリニックは積極的におすすめしたい。(何様)

ライトシェアデュエットのスペック

レーザータイプ ダイオードレーザー
波長 805nm
スポットサイズ 9mm-35mm
パルス幅 4.5-400ms
照射パワー 10-100 J/c㎡

脱毛サロン・クリニックを探す