ブランクリニックって効果ある?最新機種による脱毛効果を徹底解説


全身脱毛の料金が96,000円という破格で医療脱毛を提供しているブランクリニックですが、多くの人は、「安いけど本当に大丈夫?」と考えたのではないでしょうか?ということで、今回は、ブランクリニックの脱毛効果について解説していきたいと思います!

ブランクリニックの脱毛はバルジ脱毛

銀座と名古屋にある医療脱毛クリニックのブランクリニックは、最新の機種を扱っている脱毛クリニックです。
ブランクリニックに導入されている脱毛機は「ソプラノアイスプラチナム」「メディオスターNexT PRO」というバルジ脱毛に対応した脱毛機であるため、毛質・肌質問わず高い脱毛効果を得ることができます。

まずはこのバルジ脱毛とは、どういうものなのかについて解説していきたいと思います。

バルジ脱毛は最新の脱毛方式

バルジ脱毛という言葉が注目され始めてから、まだ2年〜3年程度しか経っていませんが、痛みなく脱毛できるということで現在もなお高い人気を誇っています。
バルジ脱毛とは、これまでの脱毛とは異なり、毛根のさらに奥にある毛乳頭細胞を狙った脱毛ではなく、バルジ領域と呼ばれる皮膚から浅い位置にある部分をターゲットとしています。

そのため、これまでの脱毛のようにパワーを上げて深い位置までレーザーを届かせる必要がないため、肌への負担も少なく、痛みが少ないのです。

では、どのような仕組みで脱毛効果が得られるのでしょうか?

バルジ領域は毛の卵を生成する

そもそもですが、体毛は毛母細胞、毛乳頭細胞、バルジ領域という3つの要素に支えられて表皮に出てくるまで成長してきます。それぞれの役割は、以下の通り!

  • 毛乳頭細胞・・・血管から栄養を受け取り、毛母細胞に栄養を与える役割。一度破壊された毛乳頭細胞は再生しません
  • 毛母細胞・・・毛乳頭細胞から栄養を受け取る役割。一般的な言葉で言うところの毛根。バルジ領域から生成され、抜けても新しい毛母細胞が生成される
  • バルジ領域・・・毛母細胞を生成する役割。一度破壊されると再生しない(?)

この3つの細胞のどれかがなくなれば、毛は私達の肌の表面に出てこなくなります。例えば、毛乳頭細胞がなければ毛母細胞に栄養が与えられないため、毛は肌の表面に出てくる前に弱っていくことになります。

上記のロジックで脱毛効果を得ようとしていたのが、従来の脱毛方式で「ショット方式」の脱毛と呼ばれています。

これに対して、バルジ領域を破壊すれば、新たに毛母細胞が生成されなくなるというロジックによって脱毛効果を得ようとするのがバルジ脱毛と呼ばれるものです。

どのようにバルジ領域を破壊するのか

さて、ここでどのようにバルジ領域を破壊するのかということですが、実はこのバルジ領域は2000年頃に発見されて以降、2018年までどこからどこまでがバルジ領域なのかということを目視で確認できた人はいないのです。
バルジ領域は「なんとなくこの辺にある!」ということは分かっており、「こうすれば機能しなくなる!」ということも分かっているのですが、まだまだエビデンスが足りていないため、確実に破壊する方法というものが見つかっていません。

そのため、バルジ領域を狙い撃ちする方法というものが見つかっておらず、現在は蓄熱式脱毛という方法が採用されています。
蓄熱式脱毛では、毛包(毛の細胞組織全体)に熱を貯め込むことで破壊するといもので、複数種類のレーザーを照射することでこれが可能になります。

脱毛に使用されるレーザーにはそれぞれ波長の長さが異なるため、上記画像のように2種類〜4種類のレーザーを同時に複数回照射することで毛包全体にダメージを与えることができるのです。

バルジ脱毛は即効性がない

バルジ脱毛には、即効性がありません。なぜなら、毛乳頭細胞を破壊するわけではないので、効果を実感することができるのは、次の毛母細胞が生成されるタイミング以降になるからです。照射前にすでに生成されてしまった毛は毛乳頭細胞がある限り成長し続けてしまうのです。

そのため、バルジ脱毛を受けた方の体験談では、「全然効果がない」とおっしゃっている方もいますが、しばらく待てば効果を実感できるはずなのです。
だいたい毛の生え変わりは毛周期と呼ばれる一定の周期を繰り返しているため、ワキで2ヶ月〜3ヶ月、腕や背中は4ヶ月〜半年程度である場合もありますので、部位によっても効果が現れてくる時期はバラバラです。

また、毛周期は個人差がありますので、思ったより早く脱毛効果を得られたという方もいらっしゃるようです。

https://twitter.com/yellowkiroman2/status/921043899967143936

バルジ脱毛のさらに詳しい解説は、以下の記事をチェックしてみてください。

ブランクリニックに導入されている脱毛機

さて、バルジ脱毛に関する解説は小難しい話になってしまいましたが、ここからはブランクリニックに導入されている脱毛機の紹介をしながらそれぞれの脱毛効果について解説していきたいと思います。

ブランクリニックに導入されいてる脱毛機は、ソプラノアイスプラチナムとメディオスターです。まずはメディオスターから解説していきたいと思います。

メディオスターNexT PROとは

メディオスターは、ダイオードレーザーとヤグレーザーという2種類の脱毛レーザーを搭載した脱毛機です。
ダイオードレーザーは810nm、ヤグレーザーは1064nmという長い波長を持っており、毛乳頭細胞とバルジ領域の両方の破壊を狙った脱毛機です。

そのため、バルジ脱毛の弱点である「即効性」をカバーした脱毛機になります。ただ、毛乳頭細胞という深い位置にある細胞をターゲットにしているということは流石に痛みもあります。
ジェントルレーズやライトシェアデュエットのような従来のショット型の脱毛機に比べればそこまで痛みは強くありませんが、それでも「痛くない」とは言えないレベルです。

ソプラノアイスプラチナムとは

一方、ソプラノアイスプラチナムは4種類の脱毛レーザーを同時照射して完全にバルジ領域のみをターゲットにした脱毛機であるため、痛みが少なく、肌への負担も少ないです。

このソプラノアイスプラチナムは非常に優秀な脱毛機で、最大の特徴は、冷却とレーザーの照射を同時に行うというシステムにあります。

これまでのレーザー脱毛では、照射後にスライドしながら冷却を行うシステムであったため、どうしても一定方向にしか脱毛機を動かせない弱点がありましたが、ソプラノアイスプラチナムの冷却システムであればあらゆる方向にレーザーをスライドさせることが可能なのです。
そのため、施術にかかる時間を大幅に削減しただけでなく、レーザーの打ち漏れをなくし、全身むら無く脱毛することができるようになりました。

また、メディオスターに比べて痛みが少ないことも特徴です。ソプラノアイスプラチナムは完全にバルジ領域のみをターゲットにした脱毛ですので、レーザーの出力は極めて低く、人によっては「むしろ気持ちいい」なんて言う人もいるくらいです。

結論:ブランクリニックの脱毛効果は高い?

結論を申し上げると、ブランクリニックの脱毛効果は高いですが、先程も申し上げた通り口コミでは「抜けない」というネガティブな投稿が多いと思います。
やはり即効性が無い脱毛機しか導入されていないので、通い終わってしばらくした頃に効果が現れてくることが多いためです。

また、ブランクリニックの脱毛は4回セットになっていることも原因でしょう。だいたい医療脱毛の場合は5回の脱毛で90%程度の毛がなくなると言われており、4回で十分に脱毛できるケースも体質によっては考えられますが、通常は最低でも5回は通ったほうが良いです。
「何回で脱毛ができるか」ということに関しては、確実なことが言えないですし、薬事法の関係で当サイトでも確実な名言はできません。

ただ、ブランクリニックは回数追加もそこまで料金がかかりませんし、元の脱毛料金が安いので、数回回数を追加してもおトクに脱毛できることは変わりません。
もし5回のセットで契約したいという方は、同じく脱毛料金が安いアイエスクリニックをおすすめします。

脱毛サロン・クリニックを探す