ジェントルレーズの脱毛効果。決定的なデメリットとは

ジェントルレーズは湘南美容クリニックをはじめとする数々の医療脱毛クリニックで導入されている脱毛機です。今回はそんなジェントルレーズによる脱毛の効果を本気で解説していきたいと思います!ジェントルレーズが導入されているクリニックで医療脱毛を検討している方は是非参考にしてみてくださいね!

この記事で分かること

  • ジェントルレーズは古い脱毛機であるためデメリットが多い
  • ジェントルレーズは痛みが強く産毛の脱毛が苦手な典型的な医療脱毛機
  • デメリットが多いためわざわざジェントルレーズを選んで脱毛するメリットはない

ジェントルレーズとは

ジェントルレーズは、脱毛大国アメリカに本社を置くキャンデラ社が販売している医療レーザー脱毛機です。医療脱毛のイメージといえば、「脱毛効果が高い」といったプラスのイメージもありますが、「痛みが強い」「産毛は抜けない」といったマイナスのイメージもありますよね。

ジェントルレーズは日本における医療脱毛のイメージを作った脱毛機といっても過言ではありません。

アレキサンドライトレーザーを搭載した効果の高い脱毛機

ジェントルシリーズの脱毛機はジェントルレーズを含めて複数ありますが、どれもアレキサンドライトレーザーという医療脱毛レーザーを搭載しています。
アレキサンドライトレーザーとは、鉱石のアレキサンドライトを使用したレーザーのことで、現在日本にある脱毛レーザーの中では最も波長が短いのが特徴です。

波長が短いレーザーは、表皮から深い位置にある毛根に届きにくいという弱点がありながら、毛のう炎という医療脱毛特有の肌トラブルが起こる可能性は少ないと言われています。

また、アレキサンドライトレーザーはもともとシミ消し治療でも使用されている歴史を持つレーザーであるため、脱毛と同時に美肌効果を得られることもメリットとして挙げられます。

一方で、メラニンに強く反応する特性があるため、肌の色が黒い方、日焼けをしている方は肌を焼いてしまう恐れがあるため施術を断られてしまいます。

以上のことを踏まえるとよく言えば実績が多数の信頼に値する脱毛機ですが、悪く言えば古くてデメリットの多い脱毛機ともとれます。
最近では脱毛機も進化していてどんどん良い脱毛機がでてきています。

ジェントルシリーズでもジェントルレーズプロというジェントルレーズの上位互換の脱毛機が出ていますし、わざわざ古い脱毛機であるジェントルレーズを選んで脱毛する必要はないと思います。

どちらかといえば毛が濃い人向け

アレキサンドライトレーザーはメラニンに強く反応するという特性を持っているため、産毛の脱毛を苦手としています。そもそも毛はメラニン色素を持っていることはご存知でしょうか?

脱毛サロンでも医療脱毛でも毛が持つメラニン色素を持っていることを利用して、メラニンに集まるレーザーを照射することで毛の組織を破壊していきます。

メラニンに強く反応するレーザーほど濃い毛の方に集まっていきますので、メラニン色素の薄い産毛のような細い毛に対してはそれほど高い効果を発揮できません。

もちろん、回数を重ねることで産毛の脱毛をすることも可能ですが、それよりも産毛の脱毛を得意としているダイオードレーザーを利用するほうが効率的であると言えます。

また、過去に脱毛サロンに通ったことがある方は要注意です。脱毛サロンで思ったような効果が得られなかったとしても、繰り返し光を当てることで少なからず毛が細くなっている可能性があります。

そのような状態でジェントルレーズによる脱毛を受けてもまた効果が感じれず同じことを繰り返すだけになってしまいます。

回数を重ねれば重ねるほど脱毛料金も増えていきますから、しっかり毛質や肌質に合わせた脱毛機のあるクリニックに通うのが理想です。

上記のことを踏まえると、ジェントルレーズは色白で、どちらかといえば毛が濃い人に向いている脱毛機であると言えます。

ただし、剛毛中の剛毛という方は表皮から深い位置に毛根がある場合が多いので、アレキサンドライトレーザーでは届かない可能性があります。

VIOやワキ等は特に深い位置に毛根が根ざしていることが多いので、そのような場合はリゼクリニックに導入されているヤグレーザーくらいでしか充分な効果を得ることができないので、注意してください。

冷却装置がついているが痛みはそれなりに強い

ジェントルレーズは脱毛の痛みを抑えるために照射前に冷却ガスを噴射して肌表面を冷やしてからレーザーを照射する仕組みになっています。
とはいえ、どの脱毛機でも痛みを抑えるシステムはついていますし、ジェントルレーズはぶっちゃけ痛みが強い脱毛機だと思います。

特に、VIOのように色素沈着を起こしている部位に関しては痛みに弱い人だと涙を流すくらいには痛いです。痛みについて気になるなら、最新の脱毛機を取り揃えているリゼクリニックやバルジ脱毛に対応しているクリニックのほうが良いと思います。

照射漏れのリスクがある

ジェントルレーズは、レーザーの照射口が円形になっている脱毛機です。照射口が円形であるほうが効率よくレーザーのパワーを毛に届けることができるためこのような設計になっているのですが、円形であると照射漏れが起こりやすいです。

例えば、メディオスターという脱毛機は照射口が四角くなっているため、照射漏れが起こりにくいです。

どういうことかと言うと、例えば皆さんはクッキーを焼いたことがありますでしょうか?
クッキーを焼く前に生地をくり抜く作業がありますよね?このくり抜き作業の時に丸い型をできるだけ無駄なくくり抜くのは至難の業ですよね?必ずキレイにくり抜けない部分が出てきます。

脱毛もそれと同様に、照射するのは人間ですから、全くミスが起こらないとは限りません。特に照射口が円形のジェントルレーズであれば余計にそのリスクは高くなるはずです。

例えば産毛の脱毛も得意なライトシェアデュエットであれば完全な四角とまではいきませんが、四角に近い円形であるため、打ち漏れが起こりにくいように設計されているなという印象を受けます。

このあたりも最新の脱毛機と比較してジェントルレーズは古くて技術力がイマイチ踏襲しきれていない感じがしてしまいます。

ジェントルレーズによる脱毛は結局おすすめできない!

他のサイトではジェントルレーズの色々なメリットも解説されていますが、脱毛ミーアではメリットとも言えないメリットを読者の皆様に伝えて皆さんに後悔させる気はありません(笑)

正直なところ、ジェントルレーズプロのような最新機種であればまだ脱毛効果は期待できますが、それより古いジェントルレーズでの脱毛はあまりおすすめできません。

参考までにメリットとデメリットをまとめると以下のような感じです。

ジェントルレーズのメリット

  • 美肌効果がある
  • 古い脱毛機であるため比較的安く脱毛ができる
  • 濃い毛を薄くしたい程度であれば充分な効果が得られる

ジェントルレーズのデメリット

  • 日焼け肌・地黒肌は脱毛NG
  • 産毛まで脱毛はできない
  • 打ち漏れのリスクが高い
  • かなり剛毛の人には向いていない
  • 痛みが強い

ジェントルレーズプロはレジーナクリニックで導入されている


ジェントルシリーズの最新機種であるジェントルレーズプロは、肌への負担も軽減されており、痛みも改善されている脱毛機です。
そんなジェントルレーズプロは、全身脱毛の金額が格安のレジーナクリニックで導入されていますので、ジェントルレーズのあるクリニックで脱毛を考えているならレジーナクリニックで検討し直すことをおすすめします!

レジーナクリニックの公式サイトはこちら
レジーナクリニックの詳細はこちら

脱毛サロン・クリニックを探す