ジェントルマックスプロの効果や痛みについて初心者でもわかるように徹底解説


ジェントルマックスプロは脱毛先進国アメリカに本社を置くシネロンキャンデラ社が開発した最新の脱毛機です。表参道スキンクリニックやジョウクリニックのような医療脱毛クリニックで採用されているこの脱毛機は、薬事承認が厳しい日本市場での医療機器製造販売承認を取得した脱毛機でもあり、Pmda(医薬品医療機器総合機構)お墨付きです。

今回は、そんなジェントルマックスプロの脱毛効果やメリット・デメリットについて解説していきたいと思います!

ジェントルマックスプロってどんな脱毛機?

ジェントルマックスプロは755nmの波長を持つアレキサンドライトレーザーと、1064nmの波長を持つヤグレーザーが搭載された脱毛機で、1台で幅広い毛質や肌質の脱毛が可能です。

また、ダイナミッククーリングディバイス(DCD)という冷却システムが搭載されているため、従来までの脱毛機に比べて痛みが少なく、また、旧型の脱毛機に比べてレーザーのパワーを上げることもできるため、高い脱毛効果を発揮することができるのです。もちろん、ジェントルレーズプロのようにパルス幅(レーザーのパワー)を調節する機能もついていますので、痛みに我慢できない場合はパルス幅を長く(パワーを弱く)することも可能です。

ジェントルマックスプロのスペック

レーザータイプ アレキサンドライトレーザー
Nd:YAGレーザー
波長 755nm, 1064nm
スポットサイズ 6-24mm
パルス幅 0.25 – 100 msec
照射パワー 最大150J/cm2(アレキサンドライトレーザー)
最大200J/cm2(ヤグレーザー)

――という解説をしても諸姉らは「用語多すぎてわかんないんですけど。分かりみが浅い。」と思われたのではないでしょうか?――分かっておりますよ。要は「他の脱毛機と比べて効果があるのか」「痛みは強いのか」が知りたいのですよね??

ということで、以下では脱毛初心者でも分かるように懇切丁寧に分かりやすく解説していきたいと思います。少し回りくどいかもしれませんが、どこのサイトよりも詳しく解説していくので頑張ってついてきてください!

脱毛効果の解説はちょっと小難しい話が続くけど、頑張ってついてきてね!!

ジェントルマックスプロの脱毛効果

引用元:シネロンキャンデラ

結論から言ってしまえば、ジェントルマックスプロの脱毛効果は、他の脱毛機に比べると高いと言えます。というのも、「どのレーザーを使うか」ということが最も効果を左右する要因だからです。一般的に脱毛で使用するレーザーは以下の三種類があります。

  • アレキサンドライトレーザー
  • ダイオードレーザー
  • ヤグレーザー

3種類あるうちの2種類のレーザーが照射できるということは、適切な部位に適切なレーザーを照射することができるということですから、自然と脱毛効果は高くなるのです。

レーザーの種類で脱毛効果が分かれる

3種類のレーザーはそれぞれ異なる波長を持っており、メラニンの吸収率も異なります。波長は「レーザーがどれくらいの深さまで届くのか」ということに、メラニンの吸収率は、「ムダ毛が持つメラニンにどれくらい吸収されやすいか」ということにそれぞれ関係してきます。

波長の長さについてはわかりやすいですね。以下の画像のように、波長が短いと深い位置にある毛には届きにくいです。

引用元:myLaser

そのため、VIOやワキのような表皮から深い位置に根ざしている毛に対しては、波長が短いアレキサンドライトレーザーよりもヤグレーザーが向いています。しかし、波長が長ければ長いほど良いわけではありません。ちょうど良い位置に届いてくれないと脱毛本来の目的である毛乳頭細胞を破壊できないのです。

――ここで絡んでくるのがメラニンの吸収率です。何はともあれ、まずは以下の表をチェックしてみてください。

レーザーの種類 波長 メラニンの吸収率
アレキサンドライトレーザー 755nm 高い
ダイオードレーザー 810nm 普通
ヤグレーザー 1064nm 低い

表をご覧いただくとわかるとおり、波長が短ければ短いほどメラニン吸収率が高いのです。このメラニンの吸収率というのも脱毛効果を分ける重要な要素です。

メラニン吸収係数と脱毛効果の関係

そもそもですが、脱毛は毛が持つメラニン色素に吸収されることで熱が発生する近赤外線を照射することで毛を熱し、その熱によって毛乳頭細胞を破壊するという仕組みになっています。つまり、メラニンに吸収されなければ脱毛効果が得られないのです。メラニンに吸収されればされるほど、発生する熱の温度が高くなり、毛髪に与えるダメージが大きくなっていくのです。

レーザーによって得意不得意があるから、クリニックに通う前にしっかり自分に合うレーザーが何なのかということを理解する必要があるわ。レーザーの違いについては以下の記事でも解説してるから参考にしてみてね

メラニンの吸収率が効果を分ける

私達人間の体毛はおよそ500万本あると言われており、その毛の太さは一本一本異なっています。もし、当サイトの熱心な読者たる諸姉らの中に毛の太さが全て均等な方がいた場合は、ついに当サイトも宇宙人にまで読まれるようになったということですから、それはそれで喜ばしいことであります。

冗談はさておき、諸姉らが憎んでやまないムダ毛は一本一本メラニン色素の強さが異なります。メラニンへの吸収率が高ければ優先的に太い毛に集まってしまい、メラニン色素が薄い毛に対する効果が薄れてしまいます。

引用元:MeCHE Salon & Spa

また、メラニン色素を持っているのは毛だけではありません。私達の肌もメラニン色素を保有しているのです。――このため、脱毛のレーザーは肌の持つメラニン色素にも吸収されてしまい、痛みが生じます。これが話をこじらせる。メラニン色素を多く保有する太い毛であれば、問題ないのですが、毛のメラニン色素の量が肌のメラニン色素の量に負けてしまったとき、肌のメラニン色素に大量のレーザーが吸収されてしまい、火傷のリスクを負うことになるのです。

要はアレキサンドライトレーザーのようにメラニン色素への反応が高すぎると、産毛に反応する前に肌にレーザーが吸収されてしまい、うまく効果を得ることができなくなってしまうのです。

レーザー脱毛の仕組み
レーザーは肌のメラニンにも吸収される

また、逆にヤグレーザーのように全くメラニンへの反応を示さないレーザーは、ちょうど良い深さに毛乳頭細胞があれば効果は抜群なのですが、産毛のような表皮から浅い位置にある毛に対しては効果がないと言われています。このため、産毛の脱毛は非常に難しいと言われているのです。

ジェントルマックスプロは産毛の脱毛に課題点を残す

上記で解説してきたことを踏まえると、ジェントルマックスプロはアレキサンドライトレーザーとヤグレーザーがお互いのカバーを弱点しあっているものの、両レーザーが苦手とするメラニン色素が薄い「産毛」に対する脱毛に課題を残します。しかし、これも繰り返し施術を行うことで、効果を得ることができるため、複数回照射を繰り返すことで脱毛することは可能です。

ただしやはり「産毛に強い」と言われるダイオードレーザーによる脱毛と比べれば回数が必要になってしまうため、

  • 生まれつき産毛が多い
  • 脱毛サロンに通ったことがあって、毛が細くなっている

という人は、ジェントルマックスプロではなく、ダイオードレーザーを搭載したライトシェアデュエットなどによる脱毛が向いているといえます。

産毛の脱毛効率はやっぱりダイオードレーザーのほうが高いわ。特に脱毛サロンに通ったことがある人は毛がダメージを負って細くなっている可能性があるから、注意が必要ね。

ライトシェアデュエットの詳しい解説はこちら

ジェントルマックスプロの痛みについて

先程ちらっとご紹介した通り、脱毛の痛みは「熱」が関係しています。肌のメラニン色素に吸収されたレーザーは熱を発生させ、痛みを感じさせます。このため、アレキサンドライトレーザーを搭載したジェントルマックスプロの痛みは強い方だと考えたほうが良いでしょう。

ただ、痛みには個人差があるため、必ずしもここで解説したことが正しいとは言えないことは予めご了承ください。

一般的に肌の色が暗くなれば暗くなるほど肌のメラニン色素は多くなりますので、色白の人はそこまで痛みを感じないですし、逆に日焼け肌・褐色肌の人は痛みを感じやすくなります。このことは色素沈着している部位でも同じことが言えます。「VIO脱毛が痛い」と言われているのは、この色素沈着が原因なのです。

ただ、ジェントルマックスプロにはメラニン吸収係数が低いYAGレーザーも搭載されています。このため、理論上VIOのような色素沈着の強い部位を脱毛する場合には他の脱毛機よりも痛みはましだということが言えます。

ジェントルマックスプロの痛みに対する対策

ジェントルマックスプロには、DCD(Dynamic Cooling Device)という冷却システムが搭載されています。このDCDについては、ジェントルマックスプロのメーカーであるシネロンキャンデラ社の公式サイトで、以下のように記載されています。

DCD™がレーザーに同期し、レーザー照射直前に寒剤を吹きつけることにより皮膚を保護します。
引用元:シネロン・キャンデラ公式HP

DCDは、レーザーの照射と寒冷剤の発射をコンピューターで管理して、レーザー照射前に寒冷剤を吹き付けるシステムを可能にしたのです。つまり、痛みを感じるまでのバッファがないので、他のレーザーに比べて痛みも少なく、肌への負担が少ないことのです。そもそもこれまでの脱毛機では、レーザーが照射された後に寒冷剤を吹き付けることによって冷却を行っていました。そのため、冷却されるまでは少しバッファがあり、痛みを感じてしまうことがあったのです。

DCDという冷却システムは世界的にも認められている技術であり、比較的新しいものです。このため、例えばジェントルレーズやアポジーエリートのようなDCDが搭載されていない古い脱毛機に比べればジェントルマックスプロの痛みはかなり軽減されているものだといえるでしょう。

ちなみにDCDを搭載したレーザー脱毛機としては、同じくシネロンキャンデラ社のジェントルレーズプロがあるわ。ジェントルレーズプロはアレキサンドライトレーザーしか照射できないから、ジェントルマックスプロのほうが優れているんだけどね。

ヤグレーザーの痛みは緩和できない!?

脱毛の痛みは、肌のメラニン色素にレーザーが照射されてしまうため発生する痛みと神経にまで届く直接的な痛みの2種類があります。先程も解説した通り、ヤグレーザーはメラニン色素への吸収が薄いため、表皮への痛みは少ないですが、波長が長い分神経に直接くる刺激が強いです。

研究熱心な諸姉らは、「脱毛の痛みはゴムで弾かれるような痛み」という表現を一度は見聞きしたことがあるのではないでしょうか?あるいは、「骨に響く痛み」というのも聞いたことがあるかもしれませんね。大方諸姉らの予想通り、表皮にくる痛みは「ゴムで弾かれたような痛み」であり、冷却システムによって防げるのはこの痛みのみです。レーザーの波長の長さから感じる「骨に響く痛み」に関してはDCDでは防ぐことができません。

つまりヤグレーザーの痛みに関しては我慢するしかないのです。

ジェントルマックスプロのメリット・デメリットまとめ

さて、今回の記事のまとめとして、以下ではジェントルマックスプロのメリット・デメリットをまとめてご紹介していきたいと思います。
少しばかり小難しい話が続いたので、理解が追いつかなかった諸姉らも今一度おさらいしていきましょう。

ジェントルマックスプロのメリット

  • 2種類の脱毛レーザーによる高い脱毛効果
  • 冷却システムDCDによる痛みや肌の負担の軽減
  • 可変式パルス幅によるパワーの調節機能
  • ヤグレーザーによるVIO脱毛の痛み軽減

ジェントルマックスプロのデメリット

  • 産毛の脱毛にはやや課題を残す
  • ヤグレーザーの痛みは冷却システムでは軽減できない

ジェントルマックスプロが導入されているクリニック一覧


最後になりますが、ジェントルマックスプロが導入されている人気の医療脱毛クリニックをご紹介していきたいと思います。
それぞれの脱毛料金やクリニックの特徴に関してもご紹介していきますので、是非参考にしていただければ嬉しいです!

医療表参道スキンクリニック

表参道スキンクリニック

安さと信頼性の高さが売りのプライベート美容皮膚科

おすすめ度
脱毛機 ジェントルレーズプロ / ジェントルマックスプロ
全身脱毛総額 ¥295,000
こだわり条件

表参道スキンクリニックは完全個室でプライバシーがしっかり管理されているクリニック。クリニックでは施術スペースはカーテンで仕切られただけということが多いが、表参道スキンクリニックは完全予約制、個室制であるため、快適な空間で脱毛をすることが可能です。また、料金についてもリーズナブルに設定されており、知名度の割に比較的予約も取りやすいとあって意外と穴場のクリニック。

レビュー

4.0 rating based on 4 ratings

5つ星のうち4.0

プライバシーがしっかりしていると聞いて契約しましたが、受付でいきなり「お名前フルネームでお願いします」と言われてビックリ…。普通、受付の周りには人もたくさんいるし、問診票に名前を書くなりすると思うのですが…。 施術は個室で、カーテンで仕切られてるだけのところよりはましだと思いますが、名前で呼ばないとかの配慮はして欲しいと思いました。 施術や料金は悪くないだけに、残念です。

他4件のレビューを見る
医療ジョウクリニック

ジョウクリニック

最新の脱毛機による施術を格安料金で受けられるクリニック

おすすめ度
脱毛機 ジェントルマックスプロ
全身脱毛総額 ¥256,000
こだわり条件 シェービング代無料

ジョウクリニックは関西圏を中心に展開する美容皮膚科。脱毛料金が非常にリーズナブルであり、VIOを含まない全身脱毛であれば5回で20万円以下という破格で脱毛することが可能。20万円以下という料金設定は全身脱毛が安いことで有名な銀座カラーという脱毛サロンと比べても遜色ない安さであるため、ジョウクリニックはコストパフォーマンスを重視するならおすすめのクリニックだ。

レビュー

3.8 rating based on 6 ratings

5つ星のうち3.8

梅田の院に通ってます。決めた理由は安さと、このサイトの評価が良かったのとで、ちょうどバランスが取れてる感じがしたからです。 脱毛サロンからの乗り換えだったのですが、サロンと比べてちょっとサービスは悪いかな?って感じはします。でも効果はあるし、料金も安いので、個人的には満足しています。 サロンと違って抜けるスピードが早いので、次通うのが楽しみです!

他6件のレビューを見る
大阪院 大阪府 大阪市北区曽根崎新地1-4-20 桜橋IMビル 4F
医療アイエスクリニック

アイエスクリニック

全身脱毛が脱毛サロンより安い!!最安値クラスの脱毛クリニック

おすすめ度
脱毛機 メディオスターNexT PRO / ジェントルマックスプロ
全身脱毛総額 ¥165,000
こだわり条件 バルジ脱毛 / 当日キャンセル無料

アイエスクリニックは新宿と銀座に2院を展開する格安料金が魅力の脱毛クリニック。全身脱毛の料金はVIOを含めても165,000円となっており、これは全脱毛クリニック中最高のコストパフォーマンス。さらに高品質な脱毛機、ジェントルマックスプロと共にダイオードレーザーを照射することができるメディオスターNexT PROまで導入されているため、文句のつけどころがない。全国に展開できていないのがおしいところだ。

レビュー

4.3 rating based on 3 ratings

5つ星のうち4.3

価格が他のところに比べてあまりにも安いので不安でしたが、割としっかりしている印象です。しっかり効果も出てますし、部屋も清潔感があります。 一度だけ予約のことでトラブルがあり、1時間待たされることがありましたが、院内も混んでて忙しそうだったので仕方がないのかな?それ以外は非常に満足しています。 予約が取りにくいと言われていますが、銀座院なら予約も取りやすいようです。 おすすめです。

他3件のレビューを見る
新宿院 東京都新宿区 西新宿6丁目2−18 SKビル A棟 5F

脱毛サロン・クリニックを探す