リゼクリニックとレジーナクリニックの医療脱毛はどっちがおすすめ?


全国20院に展開する医療脱毛大手のリゼクリニックと、急速に成長するレジーナクリニックの医療脱毛はどちらのほうが良いのでしょうか?

今回は、様々な視点からリゼクリニックとレジーナクリニックの脱毛を比較していきたいと思います!

リゼクリニックとは

リゼクリニックは全国に20院を展開しており、湘南美容クリニックに次いで大規模の医療脱毛クリニックだ。

その最大の特徴は、3種類の脱毛機を使用することで実現する脱毛効果の高さと、安心の保証体制。脱毛料金こそ少し高額ではあるが、サービス、効果では右に出るクリニックはないだろう。

当サイトの熱心な読者である諸姉は脱毛ミーアがリゼクリニックをイチオシしていることはご存知であろうが、いつも通り私的な感情は抜きで真摯で公平な比較を心がけていくので、どうか安心いただきたい。

レジーナクリニックとは

レジーナクリニックは全身脱毛の料金が安いことで人気が爆発中の医療脱毛クリニックだ。

去年までは6院7院程度しかなかったクリニックも、現在では12院にまで増えており、その成長のスピードがクリニックの人気を物語っている。

安いからといって決してサービスが悪いわけではなく、むしろ他のクリニックに比べて充実したサービスを提供している。

徹底した患者目線によって提供されるサービスと、国内でも医療機器製造販売承認が降りている数少ない医療脱毛機を使用することで提供される脱毛効果は高い満足度を実現している。

――レジーナクリニックも脱毛ミーアが特におすすめしているクリニックで、今回は差詰め頂上決戦といったところだろうか。

脱毛料金はどちらが安い?

さて、それでは早速比較していきたいが、まずは皆さんが一番気になっているであろう脱毛料金の比較からしていきたいと思う。

全部位について触れていてもキリがないので、本項では代表的な脱毛部位のみの比較に留めたい。

それでは早速一覧で比較してみよう。

脱毛部位 リゼクリニック レジーナクリニック
全身 ¥298,000 ¥189,000
全身+VIO ¥358,000 ¥273,000
全身+VIO+顔 ¥398,000 ¥357,000
ワキ ¥19,800 ¥12,000
VIO ¥99,800 ¥84,000
¥74,800 ¥72,000
¥119,800 ¥90,000
¥99,800 ¥120,000

※全て5回の料金
※全て税込み料金

一覧で比較してみると、軒並みレジーナクリニックのほうが安いことが分かると思います。
ただ顔脱毛に関してはレジーナクリニックが割高ですね。顔脱毛に関してはリゼが安いというよりレジーナが高いです。

また、VIOと顔脱毛無しの全身脱毛は10万円以上差があるレジーナとリゼですが、顔まで脱毛するとなるとその差は縮まります。

流石に10万円差であれば考えものですが、4万円であれば少し検討余地がありますね。

料金勝負ではレジーナクリニックの勝ちでしょうか。

レジーナクリニックの公式サイト

ちなみにレジーナクリニックは全身脱毛の安さは全クリニック中4位よ。詳しくは以下の記事をチェックしてみてね。

POINT
レジーナクリニックはリゼクリニックに比べて圧倒的に料金が安い!!

脱毛効果はどっちが高い?

次に諸姉連合が気になっているのは、脱毛効果であろう。

脱毛業界はヤラセやでまかせが多いため、疑心暗鬼になってしまう気持ちも分かる。そのため脱毛ミーアでは効果に関する記載をするときには丁寧且つ科学的根拠を元に解説することを心がけている。

――ので、是非参考にしていただきたい。

リゼクリニックの脱毛効果

リゼクリニックの脱毛は3種類の脱毛機を使用することで高い効果を実現している。

リゼで使用されている脱毛機は以下の通りだ。

ライトシェア・デュエット

ライトシェア・デュエットは、全世界でNo.1のシェアを持っており、FDAでも「恒久的な毛の削減効果がある」と認可されている脱毛機だ。

ライトシェア・デュエットはダイオードレーザーを搭載しており、このレーザーは日本人にとって最も最適なレーザーと言われている。

リゼではこのライトシェア・デュエットをメインに使っていくことで、あらゆる毛質や肌質に対応可能なのです。

ジェントルヤグ

ジェントルヤグは、ヤグレーザーを搭載した脱毛機だ。ヤグレーザーはメラニン吸収係数が低く、長い波長を持っているため背中や脚のような部位に対してはほとんど効果を発揮しない。――が、とりわけVIO脱毛においては科挙圧巻の働きをする。

VIOラインは、色素沈着しやすい部位であるため、メラニン吸収係数が高いレーザーを使用すると痛烈な痛みを伴うだけでなく、思ったような脱毛効果が得られない。

また、毛根が比較的深い位置にあるため、アレキサンドライトレーザーのような波長の短いレーザーだと出力を上げる必要がある。

しかし出力を上げると、肌のメラニンが吸収するレーザーのパワーも強くなるため、それはもう激痛なのだ。そのためメラニン吸収係数が低いヤグレーザーが理想的なのだ。

このヤグレーザーはVIOに特攻効果を持っているのだがVIO以外ではほとんど使い物にならないため、導入されているクリニックが少ない。リゼは数少ないクリニックの一つなのだ。

メディオスターNexT PRO

メディオスターは、バルジ脱毛という最新の脱毛方式に対応した脱毛機であり、肌に優しく痛みが少ない脱毛機だと言われている。

バルジ脱毛は一部クリニックでは「画期的だ!」ともてはやされているが、実はバルジ領域に関しては研究不足であるためよく分かっていないことが多く、リゼは積極的にメディオスターを利用していないようだ。

脱毛ミーアとしても、諸姉らにバルジ脱毛は積極的にはおすすめしない。――どうしても痛みに弱かったり、敏感肌や褐色肌でない限りは使用する機会は少ないだろう。
だが、あるのとないのとでは大きな違いがある。

リゼはこれら3つの脱毛機を利用して、高い脱毛効果を実現している。基本的にはライトシェアデュエットによる脱毛となるが、この一つで十分高い効果を発揮する。

例えばリゼと共にここ数年で飛躍的な成長を遂げた脱毛クリニックにアリシアクリニックがあるが、アリシアはライトシェアデュエットのみを導入している。

このライトシェアデュエット一つだけでもここまで高い顧客満足度を出せるのだから、3種類の脱毛機があるリゼの脱毛効果はこの上なく高い。

永久脱毛の仕組み」でも解説しているが、諸外国の様々な実験から、理論上リゼクリニックは有名医療脱毛クリニックの中で最も高い脱毛効果を発揮すると言えるだろう。

レジーナクリニックの脱毛効果

レジーナクリニックは、リゼとは異なりジェントルレーズプロという脱毛機1種類のみを導入しているクリニックだ。

ジェントルレーズプロは、ジェントルレーズという日本で最も利用されることが多い脱毛機の最新型のマシンで、旧型に比べてパルス幅の調節機能等がつけられたことで、より安全に脱毛をすることができるようになった。

――が、ジェントルレーズプロが搭載しているのはアレキサンドライトレーザーであり、褐色肌、日焼け肌のお姉さま方は施術NGを食らうことになる。

また、VIOの色素沈着があまりに強い場合などは火傷の危険もあるため、VIOのみの施術を断られるケースも考えられる。

アレキサンドライトレーザーは、メラニン吸収係数が高いため、慎重に扱う必要があるためだ――。

梅田院限定でソプラノアイスプラチナムも

大阪にお住まいの方は運が良い。レジーナクリニックは、大阪梅田院限定でソプラノアイスプラチナムという最新のマシンを導入している。

ソプラノアイスプラチナムは、メディオスターと同じくバルジ脱毛に対応した脱毛機であるため、未知数な点も多いが、この脱毛機は冷却システムが非常に優秀で、痛みがほとんどない脱毛機だ。

肌に対してもダメージはほとんどなく、日焼け肌でもVIOが真っ黒だろうが安全に脱毛をすることができる。梅田院限定なので本項では深く解説しないので、気になる人は以下の記事を参考にしてほしい。

結局どっちのほうが脱毛効果が高いの?

当然、リゼクリニックのほうが圧倒的に効果は高い。

アレキサンドライトレーザーは、基本的に白人向けの脱毛レーザーであるため、黄色人種の諸姉らはやせ我慢をせずにダイオードレーザーによる施術を受けたほうが良い。

また、ヤグレーザーの存在も大きい。全く色素沈着していない肌でもメラニン色素が0なんてことはありえないので、やはりVIOやワキにはヤグレーザーの効果が大きいためだ。

VIO脱毛をする気がないという諸姉も、脱毛機が多いに越したことはない。碧血丹心な脱毛ミーアとしてはやはり、効果で選ぶなら圧倒的にリゼクリニックをおすすめする。

ただ、肌タイプ4(以下画像参照)患者においても、アレキサンドライトレーザーによる施術を4回行うことで84%の毛髪を削減することができたという研究結果からも、「ある程度毛が抜ければそれで満足する」というのであれば、レジーナクリニックでも良いかもしれない。

引用元:American Laser MED SPA

リゼクリニックの公式サイト

価格を考慮すると、完璧を追求するならリゼ。ある程度でいいならレジーナってところかしら。

POINT
リゼクリニックは3種類の脱毛機を使い分けて脱毛していくため、脱毛効果が圧倒的に高い!一方、レジーナクリニックは1種類しかなく、さらに白人向けのアレキサンドライトレーザーであるため、日本人の脱毛では少し不安。

どちらのほうがサービスがいい?

続いては、サービスの良さでリゼクリニックとレジーナクリニックを比較していきたい。

尚、ここで比較するサービスの良し悪しとは、カウンセリングでどんなお茶を出してくれるかとかそういった下らないものではなく、シェービングや補償などの比較だ。

どんなにお茶が大好きな諸姉でもさすがに出すお茶の種類でクリニックを選ぶようなことはないだろう。もしいたらゴメンナサイ。

――冗談はともかく、早速一つずつチェックしていこう。

シェービングサービス

脱毛サロンでも医療脱毛でも施術前には自分でシェービングをしていく必要があるが、剃り残しがあったりするとシェービング代として追加料金が取られたり、剃り残し部位は照射をしてくれないところも多い。

リゼとレジーナはどうかというと、両クリニック共にシェービング代は無料だ。ただし、全くシェービングをしていかないのは流石にマナー違反となるので、シェービングをしなくても良いというわけではない。

ただ、他の脱毛サロンやクリニックに比べて、料金的な負担は少なくなるため、これは嬉しいオプションだ。

当日キャンセル

いくら思慮分別がついた諸姉だとしても、やむを得ない事情により当日急激キャンセルをしなければならないことだって考えられる。

特に脱毛は生理がかぶると施術を行うことができないので、当日キャンセルをする可能性も0ではない。

多くのクリニックの場合、前日までのキャンセルは無料で行うことができるが、当日のキャンセルはペナルティが課せられることになる。

レジーナクリニックもペナルティがかかるクリニックだ。これだけ安価な料金で提供されているのだから当然と言えば当然だが、当日キャンセルや無断欠席は1回分の回数消化につながる。どういうことかというと、5回セットで契約していれば、4回しか施術を受けれなくなるということだ。

もし全身脱毛で契約していた場合、1回あたりの料金は37,800円なので、寝坊するだけで軽く4万円近くがムダになることになる。

一方のリゼクリニックは当日キャンセルはペナルティがない。ズボラな女子にとってこれは嬉しいですね。

補償の有無

医療脱毛の場合、5回で90%の毛髪を削減できることは他の記事でも頻繁に解説しているが、医療脱毛では稀に硬毛化毛嚢炎のような肌トラブルが発生することがある。

原因はよく分かっていないため対処できないのだが、こういった肌トラブルが起こった時にクリニック側での対応は様々――。

レジーナクリニックは、「クリニック側の過失によるもので、医師が追加照射が必要と判断した場合に追加照射が無料」とされている。
リゼクリニックでは、「火傷、毛嚢炎、硬毛化、増毛、打ち漏れなどの肌トラブルが起こった場合、1年間無料で照射を補償する」と明確に記載されている。

両クリニックで補償制度はあるが、リゼクリニックのほうが補償は厚いことがお分かりいただけるであろう。

硬毛化や毛嚢炎は1%程度の確率で発生すると言われているが、明日は我が身とも言うので、できるだけ補償制度が整っているクリニックで施術するに越したことはないだろう。

麻酔の料金

医療レーザー脱毛は肌への刺激も強く、肌のメラニン色素が多ければ痛みを伴うこともしばしばある。

どうしても痛みを我慢できない場合は、麻酔を使用してもらうことがでいるのだが、実はレジーナクリニックではワンポイントであれば麻酔は無料で行ってくれる。

ただし、笑気麻酔(全身に効果がある麻酔)をする場合は3,000円程度追加料金が取られることになるので注意が必要だ。

リゼクリニックの場合は、一律3,240円の追加料金が発生する。

サービスや追加料金まとめ

上記では紹介しきれなかった部分も含めて一覧にしてそれぞれのサービスや追加料金の有無についてまとめてみた。

リゼクリニック レジーナクリニック
シェービング代 無料 無料
当日キャンセル 無料 1回分消化
解約手数料 返金額の10% 無料
麻酔 3,240円 スポットなら無料
補償 あり あるけど医師の判断による
診察代・薬代 無料 無料
お茶 緑茶

――一応、脱毛ミーアがカウンセリングを受けたときの飲み物についても触れておいた。

比較してみると、両クリニック共に充実したサービスを提供している優良クリニックであることがご理解いただけると思う。

特に脱毛サロンの場合は、シェービング代で2,000円近く持っていったりもするので毎回支払っていては「おまんま食いっぱぐれ」になってしまう。

無料で対応してくれる範囲が広いのは良いことだ。

POINT
レジーナ、リゼ共に非常にサービスが充実しており、甲乙付けがたい。お茶はうまい。

レジーナクリニックのメリット・デメリットまとめ

さて、この記事の締めとして、最後に両院のメリット・デメリットについて改めて整理していきたいと思う。まずはレジーナクリニックから。

メリット

  • 料金が安価であるため通いやすい
  • 麻酔が無料で利用できるため痛みに弱い人でも安心
  • 解約手数料が無料であるため比較的契約しやすい

レジーナクリニックの一番のメリットはやはり脱毛料金の安さだろう。また、解約手数料が無料で契約して気に入らなければすぐ解約できることもメリットだ。

また、院内のラグジュアリーな雰囲気は、クリニックに通っていることを忘れさせるようなつくりになっていて、通っていて楽しいということもメリットになるかもしれませんね。

デメリット

  • 脱毛効果で一抹の不安あり
  • 麻酔なしだとVIO脱毛は激痛
  • 当日キャンセルのペナルティが痛い
  • 5回以上の施術は改めて5回契約する必要あり

一方のデメリットとしてはやはりアレキサンドライトレーザーだけであるため脱毛効果に不安がある。

色白の方なら問題なく脱毛できると思うが、日焼けしやすかったり、生まれつき褐色肌の方は注意が必要だ。

また、回数の追加も1回ずつすることができないため、改めて5回契約を行う必要がある。まぁ解約手数料は無料なのでそこまで気にする必要もないかもしれないが…。

レジーナクリニックの公式サイト

リゼクリニックのメリット・デメリットまとめ

続いてはリゼクリニックのメリット・デメリットを見てみよう。

メリット

  • 3種類の脱毛機があるため脱毛効果が高い
  • 痛みが少ない脱毛機を利用している
  • 補償が充実しており、リスクが少ない
  • 回数追加も安い

リゼクリニックのメリットは、やはり脱毛効果。有名なクリニックの中では随一の脱毛効果が期待できる可能性が高い。
そして補償も充実しており、5回の施術が終了した時点で満足が行かない場合は回数追加も格安料金で行うことができる。

そのため、通っていて不満に感じることはほとんどないだろう。リゼクリニックはリスクが少ない優良クリニックだと言えます。

デメリット

  • 脱毛料金は高い
  • 解約手数料はかかるので、契約はよく考える必要あり
  • メンズリゼが隣接されていることもある

やはり脱毛料金だけはネックだ。決して高額なわけではないが、レジーナクリニックと比べてしまうとやはり高い。

また、メンズリゼが併設されていたりすることもあるので、脱毛をする上で男性の目が気になるという方はデメリットに感じるかもしれない。
とはいえ、部屋は別れているので、脱毛ミーアは気にならなかったです。

――え?気にならないのは脱毛ミーアの神経が図太いからだって?褒め言葉ですね、ありがとうございます。

リゼクリニックの公式サイト

両クリニックのメリット・デメリットを把握した上で自分に合ったクリニックに通ってね!

脱毛サロン・クリニックを探す