医療脱毛は何回通えば脱毛が完了する?脱毛効果について徹底解説!

これから医療脱毛クリニックに通って永久脱毛をしようと考えている方にとって、一体何回脱毛クリニックに通えば満足いくまで脱毛できるかというのは、一番大きな不安ですよね?ということで、今回は医療脱毛は何回でどれくらいの脱毛ができるのかということについて徹底解説していきたいと思います!

医療脱毛は何回通えば脱毛が完了する?

「脱毛が完了する」という表現は非常に曖昧な表現です。全く抜けていなくても、5回通いきれば「脱毛(の施術)が完了した」と言えるからです。この表現は、脱毛サロンでも使用されており、例えばミュゼプラチナムは公式HPで以下のような見解を述べています。

「自己処理が楽になる」「ムダ毛の心配はいらなくなる」という表現は、個人によって様々ですし、脱毛に少し詳しい方なら分かると思いますが脱毛サロンは12回の施術で80%程度の減毛量だと言われています。参考までに、同じくSSC脱毛を採用する脱毛ラボの公式HPでの見解をご紹介しておくと、以下の画像の通りです。

脱毛ラボもミュゼも同じ脱毛方式を採用していますから、効果に大きな違いがあるわけではありませんので、この点では脱毛ラボの方が正直であるといえるでしょう。

引用元:リゼクリニック 5回コースの理由

さて、本題の医療脱毛の回数ですが、リゼの公式HPで掲載されている図を参照すると、5回で90%以上の毛がなくなるというのが一般的です。

ただし脱毛効果については個人差もあるため、このグラフのように確実に脱毛できるかと言われると確実にこの通りになるとは言い切れません。あくまで目安として、5回程度の施術を行えば90%以上の毛がなくなる人もいれば、4回程度の施術で毛がなくなる人もいると考えておくのが正解です。

中には、8回程度通ったという方もいらっしゃるようで、例えば脱毛機のメーカーが公式で公開している動画では、人によって脱毛効果が異なるという注意書きが記載されています。

以下の動画はライトシェアデュエットという、リゼやアリシアで導入されている脱毛機のプロモーション動画で、ビフォーアフターも掲載されているので、参考までにチェックしてみてください。

自分の肌に合う脱毛機を選べば5回で満足できる!

医療脱毛であれば全て同じだと考えている方もいらっしゃるようですが、脱毛機やレーザーの種類ごとに得意な脱毛と苦手な脱毛があります。

例えば日本で最も多く使用されいているアレキサンドライトレーザーは、太い毛の脱毛は得意としていますが、産毛の脱毛は苦手としており、ツルツルになるまで脱毛しようとするとどうしても5回以上の回数が必要になります。

先程ご紹介したライトシェアデュエットに搭載されているダイオードレーザーは産毛の脱毛を得意としており、逆にパワーはアレキサンドライトレーザーに比べて弱いため太くて強い毛の脱毛を苦手としています。

私達の毛は全て均一な太さではなく、例えばVIOラインの毛は脚や腕の毛よりも太いですよね?このことを理解せずに医療脱毛クリニックを選んでしまうと、回数を追加するはめになって、結果的に多くの時間とお金を費やすことになってしまいます。

当サイトが他の記事でも「費用だけで選んではいけない」と言っているのはこのためです。

一方で、脱毛機をしっかり選べば5回という回数でだいたいの場合は満足するまで脱毛することができるでしょう。それこそ冒頭でご紹介したリゼが公開しているグラフのような減毛量が実現できるはずです。

自分の合う脱毛機の見つけ方

どのように自分の肌や毛質にあった脱毛機を選ぶかということですが、まずは自分の肌にあったレーザーを見つけることが大事です。

先程も解説した通り、アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーには得意とする脱毛に違いがありましたよね?脱毛機はたくさんの種類が出回っていますが、医療脱毛のレーザーは3種類しかありませんので、このレーザーの種類から絞り込んでいくことが重要です。

肌が白くて毛が薄くない人はアレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーはメラニン色素に強く反応するレーザーであるため、色黒の方の脱毛には向きません。肌の持つメラニン色素にもレーザーが分散してしまい、うまくムダ毛にパワーを伝えることができないからです。

一方で、メラニン色素に反応しやすいということは太い毛には非常に効率的にパワーを伝えることができるため、即効性が高いレーザーでもあります。

しかしここで気をつけたいのはVIO脱毛です。デリケートゾーンの毛は太いのですが、色素沈着が強くメラニン色素が多く生成されている部位であるため、色黒の方がアレキサンドライトレーザーに向かないのと同じ理由でVIO脱毛も苦手とされているのです。

このアレキサンドライトレーザーを搭載した脱毛機として最もメジャーなものはジェントルレーズというシリーズです。
ジェントルレーズはSBCや渋谷美容クリニックでも導入されており、安価であるため導入院が非常に多い脱毛機です。詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

毛が薄い人はダイオードレーザー

ダイオードレーザーは日本人の肌に最も合う脱毛レーザーであると言われています。その理由は、波長の長さがちょうど毛根が密集している深さまで届くレーザーであるためです。ダイオードレーザーはアレキサンドライトレーザーほどメラニン色素に強い反応をしないため、どのような肌質でもどのような毛質でも脱毛することができると言われています。

その中でも先程ご紹介したライトシェアデュエットは非常に優秀で、世界中でも高い人気を誇る脱毛マシンです。その脱毛効果についてはメーカーの公式サイトで詳しく書かれています。

LightSheer® uses a state-of-the-art diode laser handpiece with either 805 nm or 1060nm wavelength which allows a tailored treatment for all skin types. A laser pulse targets and damages the hair follicle while the surrounding tissue remains unharmed. The LightSheer® allows your treatment provider to customize the treatment for your skin type, hair type and lifestyle by utilizing 2 different handpieces and 2 different wavelengths.
引用:aesthetipedia

英文を要約すると、2種類の波長に対応したハンドピースがあらゆる肌や毛に対して高い効果を発揮するみたいなことが書かれています。
ライトシェアデュエットについてさらに詳しく知りたい方は以下の記事で解説しておりますので、是非参考にしてみてください!

ダイオードレーザーは脱毛サロン経験者に特におすすめしたい脱毛レーザーです。なぜなら、脱毛サロンに通っていた方はいくら効果がなかったとは言え、毛がダメージを負っており、メラニン色素が弱まっている可能性が高いからです。

そのため、メラニン色素頼りのアレキサンドライトレーザーでは思ったような脱毛効果を得ることができない可能性が考えられます。

口コミなどで医療脱毛の効果がないと叫んでいる人たちは、このような失敗をしている可能性があります。

ヤグレーザーはVIO脱毛特攻

もう一種類の脱毛レーザーはヤグレーザーというものがあります。ヤグレーザーはメラニン色素への反応が3種類の脱毛レーザーの中で最も弱いため、色黒の方でも脱毛できる一方で、波長が長すぎるため産毛の脱毛は苦手とされています。

このヤグレーザーは色素沈着が強く、産毛の少ないVIO脱毛に最も適していると言われており、痛みの強さはあるもののワンポイントで高い脱毛効果を発揮する脱毛レーザーです。

ヤグレーザーが搭載されている脱毛機にはジェントルヤグという脱毛機がありますが、詳しくは以下の記事を参照してください。

脱毛機は部位によって使い分けるのが理想的

さて、先程解説した通り、自分の体の全ての部位に最適な脱毛機というものは存在しません。高い脱毛効果を求めるのであれば、部位によって脱毛機を使いわける必要があるのです。

例えば、脚の毛が濃いという方でも背中の毛は産毛が多いはずです。ですので、高い脱毛効果を求めるなら複数の脱毛機が導入されているクリニックを選ぶようにしましょう。

複数の脱毛機が導入されているクリニックは脱毛料金が高い傾向にありますが、それでも回数を追加することに比べれば予め高い料金を支払っている方がおトクに収まるはずです。

複数の脱毛機が導入されているクリニック一覧

ということで以下では、複数の脱毛機が導入されているクリニックをご紹介していきたいと思いますので、是非参考にしてみてくださいね!

リゼクリニック

リゼクリニックは医療脱毛クリニックの中でも少し脱毛料金が高めに設定されており、全身脱毛の総額は5回で298,000円ですが、脱毛効果で言えば他の追随を許しません。ダイオードレーザーを搭載したライトシェアデュエットだけでなく、バルジ脱毛という最新式の脱毛方式に対応したメディオスターNexT PROの他にヤグレーザーが搭載されたジェントルヤグが導入されているため、どんな毛質でも高い脱毛効果を発揮します。

どれも最新式の脱毛機ですので、脱毛効果で選ぶなら確実にリゼがおすすめです。

アレキサンドライトレーザー ダイオードレーザー ヤグレーザー
×

リゼクリニックの公式ページ

フェミークリニック

フェミークリニックは脱毛クリニック最多の5種類の脱毛機を取り揃えており、一人ひとりにあったオーダーメイド脱毛を設計してもらえることが魅力の脱毛クリニックです。確かにオーダーメイドというだけあって、高い効果が期待できますが、VIO込の全身脱毛の料金は480,000と高額で、脱毛機も古いものが多いため、よほど肌が弱い方でない限りは最新機器を取り揃えいているリゼクリニックの方がおすすめできます。

アレキサンドライトレーザー ダイオードレーザー ヤグレーザー

フェミークリニックの公式ページ

表参道スキンクリニック

表参道スキンクリニックはジェントルレーズプロとジェントルマックスプロという脱毛機が導入されています。ジェントルマックスプロはアレキサンドライトレーザーだけでなくヤグレーザーを搭載しており、あらゆる毛質に対応した非常に優秀な脱毛機です。

ダイオードレーザーは男性のヒゲのような濃い毛には向かない脱毛レーザーとはいえ、女性の毛ならほとんどの場合は脱毛することができますが、それでも不安だという方はジェントルシリーズの最新機器が導入されている表参道スキンクリニックがおすすめです。

リゼやフェミークリニックに比べて脱毛料金も安く、全身脱毛の料金は5回で215,000円とかなりおトクなクリニックだと思います。余談ですが、表参道スキンクリニックの友利新女医は美容業界でも有名な女医さんですね。

アレキサンドライトレーザー ダイオードレーザー ヤグレーザー
×

表参道スキンクリニックの公式ページ

まずは無料のカウンセリングを受けてみよう

上記でご紹介したクリニックをはじめに、脱毛クリニックでは無料でカウンセリングを実施しています。

カウンセリング時には、気になることを直接教えてもらったり、実際にどのようなレーザーが向いているかということをプロの目線で教えてもらうことができますので、ここまで読んでいただいてよく分からなくても、まずはその足を運んでみることをおすすめします。

クリニックは脱毛サロンのように勧誘もきつくないですし、真摯に向き合ってくれますので、30分程度のカウンセリングを受けてみる価値はあると思います。

脱毛サロン・クリニックを探す