ヤグレーザー脱毛のメリット・デメリット!VIOに強い理由とは

現在国内の医療脱毛で使用されている3つのレーザー「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」「YAGレーザー」の中でも最も波長が長く、比較的濃い毛の脱毛で真価を発揮すると言われるヤグレーザー。

この記事では、3つのレーザーを比較してヤグライトレーザーはどこで優れていてどこで劣っているのかを徹底解説していきます!
ヤグレーザーを使用しているオススメの医療脱毛クリニックのご紹介もしておりますので、医療脱毛を検討中の方は是非参考にしてみてください!

ヤグレーザーってなに?

ヤグレーザーは他の機器に比べレーザーの波長が長く、レーザーの光が肌の奥深くまで届くため、VIOやワキなどの濃く太いムダ毛に効果的です。色素に反応しにくいという特徴もあり、色素が薄い産毛に対する効果は薄いのですが、日焼けした肌でも脱毛を行うことが可能です。

また、アレキサンドライトレーザーと同じく、シミ治療にも使用されており、老人性色素斑(いわゆるシミ)、そばかす、脂漏性角化症(いわゆるいぼ)、後天性メラノサイト―シス、太田母斑(青アザ)、タトゥー除去等の幅広い治療に使われています。また、シミの治療だけでなく、ハリ感の増加にも効果があると言われています。

以下では、そんなヤグレーザーの特徴をひとつづつ解説していきますね!

VIOやワキに効果てきめん!

ヤグレーザーはVIOやワキに高い脱毛効果を発揮するレーザーとして知られています。

一般的にアレキサンドライトレーザーやヤグレーザーを使用した脱毛では、ショット型の毛乳頭細胞を破壊する脱毛法式です。こういったショット型の脱毛の場合、波長が短いと毛根の下にある毛乳頭細胞まで届かない可能性が出てきます。

ここで少し脱線しますが、VIOラインやワキにある毛ってピンセットで抜こうとするとかなり痛いですよね?その反面、腕や脚の毛は割りとすぐに抜け落ちてくれます。これは、それだけ深い位置に毛根があるからなんです!

また、波長が長いレーザーはメラニンに吸収されにくいという特徴もあります。メラニンへ吸収されにくいということはVIOのような色素沈着が強い部位の脱毛に最適ということになります。

つまり、ワキやVIO等は表皮から深い位置に毛根があり、色素沈着が強い部位では波長の長いヤグレーザーが活躍できるというわけなんです!

日焼け肌の施術はできるけど産毛はNG

アレキサンドライトレーザーは日焼け肌への施術がNGであることはご存知でしょうか??

前述したとおりレーザー脱毛ではメラニン色素に反応するレーザーを照射するため、肌が持つメラニンにもレーザーが反応してしまい、火傷等の恐れがあるため、生まれつき褐色肌の方や日焼けをしている方はクリニックで施術を断られるケースがあります。

一方でヤグレーザーの特徴の一つに、メラニン色素に反応しにくいというものがあります。

このため、少し暗い地黒だったり日焼けしてしまったりしても、火傷の心配が少ないため施術が許可されるのです。

また、人にもよると思いますが、デリケートゾーンは色素沈着がしやすい部位であるため、ヤグレーザーなら安心して施術を受けることができるわけです。

一方で、ヤグレーザーはその波長の長さから、産毛への効果は薄いと言われています。ヤグレーザーは波長が長いため、肌から浅い位置に毛乳頭細胞があっても、ダメージを与えるどころか通過してしまうためです。

もちろん、回数を重ねることでヤグレーザーでも産毛の脱毛は可能ですが、効率が悪いため、背中や顔のような広範囲に産毛が生えている部位の脱毛には適していないのです。

美肌効果があるって本当?

ヤグレーザーの美肌効果については、他の口コミサイトでは「アレキサンドライトレーザーほどはないけど少しあります」みたいなことが書かれていますが、管理人はこれに対しては懐疑的です。というのも、シミ治療などで使われているヤグレーザーは1064nmの波長のレーザーだけでなく、532nmの波長のレーザーと合わせて使用していくからです。

確かに、肌の深い部分にあるシミをとる効果はあるかもしれませんが、肝心のメラニン色素を効率良く破壊できる波長は532nmのレーザーです。

肌のハリを出したりする効果は確かにあるかもしれませんが、アレキサンドライトレーザーのように美肌効果があるとは到底言えないと思います。

….といったようにヤグレーザーで全身脱毛をすることはオススメできませんが、VIOやワキ等局所的に脱毛したい方はヤグレーザーを検討してみると良いかもしれません。全身脱毛はやはりダイオードレーザーの効果が高いと思います。

ヤグレーザーは痛みが強い?

様々なサイトで情報を収集している皆さんな「ヤグレーザーは痛みが強い」という口コミを見たことがあるのではないでしょうか?ヤグレーザーの痛みは確かに強いです。

ただし、VIO脱毛の痛みは他のレーザーよりも弱いです。

なぜなら、脱毛の痛みの原因は2種類のものがあり、そのうちの一つである「肌のメラニン色素が破壊される痛み」はヤグレーザーの場合少ないためです。

先程も解説した通り、ヤグレーザーはメラニン色素への反応が薄い脱毛レーザーですから、肌へのダメージや痛みはほぼ0です。

しかし、その波長の長さから、肌の奥にまでレーザーが届き、「骨に響くような痛み」は他のレーザーに比べて大きいと考えられます。

結論、VIOのような色素沈着が強い部位に対しては、ヤグレーザーのほうが痛みは弱いが、背中や腕のような部位についてはヤグレーザーの痛みが強いということになります。

まぁ、基本的にヤグレーザーはVIO脱毛にしか利用されることがないので、VIO脱毛を考えているならヤグレーザーが導入されているクリニックに通うほうが良いでしょう。

3種類脱毛レーザーと比較してみた

他のレーザーと比較すると、下記のような感じ!

レーザーの名称 波長 産毛への効果 日焼け肌への効果 痛み 主な脱毛器
ダイオードレーザー 810nm 普通 ライトシェアデュエット、メディオスターNexT
アレキサンドライトレーザー 755nm × × 強い ジェントルレーズ・ジェントルマックス
YAGレーザー 1,064nm 普通 ジェントルヤグ

ヤグレーザーのメリット・デメリット

さて、簡単に説明してきましたが、ヤグレーザーのメリット・デメリットを以下のようにまとめました!
まとめると、「VIOやワキ等局所的に使用することをオススメしたい脱毛器」ですね!

Summary
ヤグレーザーメリット
  • ある程度なら日焼け肌にもOK
  • 濃い毛に高い効果を発揮
ヤグレーザーのデメリット
  • 産毛の効果が薄い
  • 美肌効果はそれほど期待できない

ヤグレーザーを搭載している脱毛器


ヤグレーザーを搭載している主な脱毛機は、ジェントルYAGです。痛みや火傷の原因となる、皮膚の温度上昇に対応するため、ジェントルYAGではガスによる冷却システムを搭載しています。

光を照射するのと同時に冷却ガスを噴射することでお肌の温度を下げ、火傷のリスクを軽減すると同時に、お肌の感覚を瞬間的に麻痺させます。

他のレーザー脱毛機と違い、施術時にジェルを塗る必要がありませんので、ジェルの不快感や、塗ったり拭き取ったりする時間もかからないため、短時間で脱毛を行うことが可能です。

ヤグレーザーでの施術が受けられるクリニック


ヤグレーザーでの施術が気になる方はリゼクリニックがオススメです!

リゼでは、ダイオードレーザーの脱毛器2種類に加えてジェントルヤグを導入しており、全身脱毛の補助役としてヤグレーザーを使ってくれます。

そのため、全国のクリニックでも特に高い脱毛効果を発揮する管理人イチオシのクリニックです。

全身脱毛の金額はVIOを含む全身脱毛の金額は358,000円と都内の個人院に比べると少し割高ですが、平均的な価格であるとは思います。

少しくらい高い金額を払ってでもしっかりと脱毛したい方はリゼクリニックで決まりですね!

リゼクリニックの詳細はこちら

リゼクリニックの公式サイト

VIOだけの脱毛を考えているなら渋クリもおすすめ

もしあなたがVIO脱毛だけを考えているなら、医療脱毛クリニックの中でもVIO脱毛が最安値の渋谷美容外科クリニック(通称:渋クリ)もおすすめです。

渋クリのVIO脱毛は5回で45,000円と、リゼの半額以下の金額で脱毛することができますし、リゼと同じジェントルヤグが導入されているので、脱毛効果に関しても申し分がないです。

渋谷美容クリニックは、東京と横浜にしかないクリニックですが、関東圏の方なら是非活用してみましょう!
渋谷美容クリニック

脱毛サロン・クリニックを探す