脱毛サロンで永久脱毛はできますか?

脱毛サロンで永久脱毛はできますか?
できません。医師法17条によってサロンでの永久脱毛は禁止されています。

脱毛サロンでは永久脱毛ができない

そもそも永久脱毛をするためには、毛乳頭細胞という毛を成長させるシグナルを送る細胞を破壊する必要があります。毛乳頭細胞は一度破壊されれば二度と再生しないため、破壊できれば理論上永久脱毛が可能になります。最近はバルジ脱毛などという新しい手法もでてきましたが、バルジ領域は自己複製機能を持つため、17型コラーゲンという健常な人間なら誰もが体内で生成することができるコラーゲンがある限りバルジ領域は破壊できません。

現在毛乳頭細胞の破壊こそが唯一無二の永久脱毛なのです。

しかし、細胞の破壊は、医療行為に該当します。そして、医師法では、17条で以下のように定められています。

医師でなければ、医業をなしてはならない。
引用:医師法

補足すると、医業とは「医行為を業として行うこと」つまり、商売として医学的判断および技術が必要な行為のことを指します。

脱毛サロンは病院でもなければ、医師がいる場所でもないため、毛乳頭細胞を破壊するなどという明確な医療行為を行えば、即刻営業停止命令を食らうことになるのです。つまりこの法律がある限り、エステで永久脱毛を行うことができません。日本では、永久脱毛はクリニックのみで行うことができるものなのです。

効果の持続期間はせいぜい3年程度

脱毛サロンで行われる光脱毛の持続期間はせいぜい3年〜5年程度だと言われています。実際に脱毛サロンシースリーが行った調査によると、3年以内に30%以上が、5年以内に60%以上の人がムダ毛の復活を実感しています。

シースリーの調査

理論上の話だけでなく、実際問題永久脱毛ができないということがおわかりいただけたと思います。

ニードル脱毛を提供するTBCは法律に違反していないの?

脱毛業界に少し詳しい方なら、TBCがニードル脱毛を提供していることはご存知だろう。ニードル脱毛は毛乳頭細胞を破壊することで永久脱毛を行う手段だから、これは明らかに医師法17条違反……と言いたいところだが、TBCは「毛乳頭細胞を破壊していない。これは永久脱毛ではない。」と言い張っており、お国も見てみぬふりをしているような状態です。

要するにTBCの脱毛はグレーゾーンで、営業停止命令が出ても「やっぱりな」と誰もが思う状態であるということです。

脱毛サロン・クリニックを探す