VIO脱毛はなぜ痛いのですか?

VIO脱毛はなぜ痛いのですか?
VIOラインは色素沈着が強いためです。脱毛のレーザーはメラニンに吸収されることで熱エネルギーを発生させますが、色素沈着の原因はメラニン色素であるためVIOラインに照射すると肌のメラニンが過剰にレーザーを吸収し、高い熱エネルギーが発生するため、痛烈な痛みが発生します。

脱毛の痛みはメラニン色素が原因

エステ脱毛でもレーザー脱毛でも、ユーメラニンという黒色の色素を持つメラニンに吸収されるレーザーないし光を使用するということは共通です。メラニンにはユーメラニンとフィオメラニンの2種類がありますが、このうちのユーメラニンに吸収されることで光またはレーザーは熱エネルギーを発生させます。この発生させた熱エネルギーによって毛細胞を破壊、損傷させることで脱毛効果が得られるのですが、この脱毛方式には致命的な弱点があります。

ーーその弱点とは、ユーメラニンを含むものは、脱毛でターゲットとなるムダ毛だけではないということ……要するに肌もユーメラニンを含むということです。

日本人の肌はユーメラニンを含む

私達日本人の肌は2種類のメラニンの中でもユーメラニンを多く含む人の割合が高く、このため日光に当たると肌が褐色になる人が多いです。メラニンは肌が紫外線や摩擦といった外的な刺激を受けるとメラノサイトから生成される物質ですが、ヨーロッパ人のようにフィオメラニンを多く含む肌を持つ人は日焼けをすると肌が赤くなります。一方、ユーメラニンを多く含む肌を持つ人は紫外線を浴びると褐色〜黒色に変色します。

メラニン色素の生成過程
引用:The State University of New Jersey

VIOラインはメラニンが色素沈着しやすい

さて、本題に戻りますが、VIOラインは体の中でも特に色素沈着がしやすい部位です。なぜなら、私達は下着を身に付けているからです。下着を身に着けていると歩いたり立ち上がったりの動作をすることで摩擦による刺激が発生します。つまり刺激を受けやすいため、「外部から攻撃を受けている」と肌が勘違いしてメラノサイトがどうしても働いてしまうのです。

メラノサイトが生成されてしまうと、メラニンは真皮に絡みついてしまいます。これが色素沈着の原因なのです。

過剰生成されたメラニンにレーザーが吸収される

さて、ここまでくれば後は答え合わせですが、VIOラインの脱毛が痛みを伴うのは、過剰に生成された肌が含むメラニンがレーザーを吸収してしまうからなのです。レーザーがメラニンに吸収されただけ熱エネルギーは発生するので、他のメラニン色素が薄い部位に比べてVIOラインは大量の熱エネルギーが発生することになります。ーーエネルギーが強くなれば当然痛みも強くなるわけです。

VIOラインの脱毛にはYAGレーザーを使おう

さて、VIOラインの痛みは全く回避できないものかというと、そんなことはありません。実は脱毛で使用する赤外レーザーは波長が短いほどメラニン吸収係数(吸収されやすさ)が高くなる性質を持っています。このため、VIOのようにメラニンが大量にある部位では波長が長いレーザーを使うのが有効です。逆にアレキサンドライトレーザーのように波長が短いレーザーを使うと、過剰な痛みを伴い、最悪火傷のリスクも考えられます。それだけでなく、火傷や痛みに気を遣って照射しているとどうしても脱毛効果も落ちてしまいます。

脱毛レーザーの波長
引用:日本スキンエステティック協会

脱毛で使用するレーザーの中でもヤグレーザーは1024nmという長い波長を持っており、メラニン吸収係数も非常に低いです。YAGレーザーはそもそもメラニンに反応しにくいという特徴を持つため、背中や脚のような産毛や普通の毛が広範囲に生えている部位での活躍はほとんど期待できませんが、VIOやワキのような太い毛があり、色素沈着しやすい部位では大活躍するレーザーです。

ヤグレーザーは使用頻度が少ないためクリニックも導入しないことが多いレーザーなのですが、ワンポイントで使用することを想定して導入してくれているクリニックが存在します。ーーそうです、脱毛ミーアが大好きなリゼクリニックです。(笑)リゼクリニックは日本人の肌に一番合うと言われているダイオードレーザーを搭載したライトシェアデュエットとヤグレーザーを導入する数少ないクリニックです。脱毛ミーアが事あるごとにリゼクリニックをおすすめする理由は、この脱毛機の組み合わせが多くの日本人にとっておすすめだからなのです。

リゼクリニックの詳細

脱毛サロン・クリニックを探す