レーザー脱毛と光脱毛を併用するのはありですか?

レーザー脱毛光脱毛を併用するのはありですか?
基本的に無しだと考えましょう。特に副作用はありませんが、脱毛効果が落ちるのでどちらかに絞ったほうが良いです。

光脱毛はレーザー脱毛の効果を落とす

レーザー脱毛をするためには、ユーメラニンという黒色のメラニンが重要になってきます。脱毛で使用する赤外レーザーはユーメラニンに吸収されることで熱エネルギーが発生しますが、この熱エネルギーによって毛乳頭細胞の破壊をすることで脱毛効果を得ることができます。

光脱毛もレーザー脱毛と同じく、ユーメラニンに吸収されることで熱が発生する可視光線を使用します。ーー要するに、毛からユーメラニンがなくなってしまうと、脱毛効果が落ちてしまうのです。

さて、このユーメラニンは、色素幹細胞という毛の色を決める幹細胞がなくなると、生成されなくなってしまいます。例えば私達は年齢を重ねたりストレスがかかると、白髪が生えてくることになりますが、これは色素幹細胞がうまく働いていないため毛からユーメラニンがなくなるため白い毛が生えてくるのです。

光脱毛をしていると、この色素幹細胞に影響を与えたり、もう一つの幹細胞である毛包幹細胞に影響を与えることがあるので、金髪の毛が生えてきたり、毛が細くなっていきます。こうなると、ユーメラニンが少ない毛が多くなってしまい、レーザー脱毛の効果が落ちてしまうのです。

別々の部位なら影響はない

色素幹細胞は各毛穴に存在するため、例えば脚脱毛をレーザーでやりながら腕脱毛をサロンでやるーーみたいな場合には脱毛効果が落ちることはありません。

ただ、脱毛サロンは部分脱毛が非常に高額ですし、永久脱毛をすることができないため、よほど「痛いのが嫌だ」などの理由がない限りは医療脱毛一本に絞るほうが良いでしょう。

脱毛サロン・クリニックを探す