自宅で永久脱毛する方法はありますか?

自宅で永久脱毛する方法はありますか?
あります。ですが現実的な方法ではありませんのでクリニックに通うことをおすすめします。

自宅で永久脱毛することはできる

永久脱毛をするためには、毛乳頭細胞と呼ばれる毛に成長シグナルを送る細胞を破壊するひつようがあります。毛乳頭細胞は内服薬や塗り薬などでは破壊できず、主にレーザーか電気ニードルの2種類の方法で破壊するのが一般的です。

レーザーは医療脱毛で、ニードルは電気脱毛士が所属するエステなどで受けることができますが、必ずプロの手を借りなければならないということはりません。

例えばインターネット上では家庭用レーザー脱毛機というものが販売されていますし、amazonを見れば電気脱毛機(ニードル)も6,000円程度で購入することができます。こういった商品を購入して自宅でケアすることは不可能ではありません。

自宅ケアは現実的な脱毛方法ではない

家庭用レーザー脱毛機としてレビュー評価も高いものに、トリアのパーソナル脱毛機がありますが、画像をご覧いただくとわかるとおり、照射口が非常に小さいです。また、レーザーのパワーも弱く、クリニックの脱毛機に比べて圧倒的に効果が弱いです。

トリアの脱毛機
画像は公式サイトのもの。トリアの脱毛機は照射口が狭いため、膨大な時間が必要になる

しかしこれは、医療に関する知識を持たない素人でも安全に脱毛することができるように製品を設計するためには仕方のないことです。レーザーは細胞を破壊するほどの威力を持ちますから、誤って過剰に照射しようものなら以下の画像のように皮膚に色素が沈着してしまったり、治療不可なレベルでの火傷をすることになってしまいます。

IPL脱毛による火傷
画像はアメリカ人が投稿した脱毛による火傷。かなり痛々しい。

一方の電気脱毛機も現実的な脱毛方法だとは言えません。電気脱毛は毛穴一つ一つに針を差し込み、電気を流すというものですが、素人が扱うと尋常ではない痛みを伴うことになります。また、なれた人でも1本抜くために30秒ほどの時間がかかることになります。ーーもちろん、衛生的にも良いものとは言えません。なぜなら、ニードルに細菌が付着している状態で毛穴に指すと炎症を起こすためです。

また、消毒や機器のメンテナンスが完璧にできていたとしても、1本30秒のペースで脱毛していくのは途方もない作業です。人間の体毛は一説では500万本もあると言われていますから、単純計算で全身を脱毛するためには41666時間も必要になることになります。この時間をアルバイトするなりしてお金を貯めるほうが数百倍楽なのです。

クリニックで脱毛するのが安全で手軽

さて、家庭用脱毛機として有名なものの中に、ケノンの光脱毛機があるが、これは永久脱毛ができる機械ではないです。ケノンは広範囲に照射することができて、自宅でのケアに最も適しているといえますが、何度も使用すれば当然メンテナンスも必要になってきます。値段も決して安くはなく、6万円前後であるため、ケノンを何台も購入して一生ホームケアを続けるよりも、クリニックで脱毛をするほうが結果的に安く済みます。

一時期は高額な印象が強かった医療脱毛も、最近は低価格化が進んでおり、中には20万円以下で全身脱毛ができるクリニックも存在します。それに皮膚トラブルが発生してもクリニックにはお医者さまがいますから、すぐに見てもらうことができるのです。ーーこのことから、自宅で脱毛するよりもクリニックで脱毛するほうが安全性、効果、価格共に優れているといえます。

ーーもっとも、それでも自宅でケアをするというのであれば脱毛ミーアとしてはこれ以上何も言うまい……。

脱毛サロン・クリニックを探す