銀座カラーの脱毛効果を徹底解説!老舗サロンの決定的なデメリットとは?


全身脱毛の通い放題コースがリーズナブルな老舗脱毛サロンの銀座カラーは、意外と口コミの評判が悪い脱毛サロンのひとつです。

この記事では、銀座カラーの脱毛効果について解説するとともに銀座カラーのデメリットについてご紹介していきたいと思います。

銀座カラーの脱毛効果はない!?

銀座カラーは全身脱毛が通い放題で197,650円というリーズナブルな料金が魅力であるため、通う人が多い脱毛サロンですが、一方で実際に通っている人からの評判はそれほどよくないようです。

https://twitter.com/miii_________/status/1013794837550649344

しかし、脱毛ミーアは脱毛サロンの中ではまだ脱毛効果が高い脱毛サロンだと考えています。

その理由は銀座カラーの脱毛方式にあります。銀座カラーの脱毛は、IPL脱毛という方式ですが、IPL脱毛とはどのようなものなのか?解説していきたいと思います!

IPL脱毛とは

IPL脱毛とは、インテンスパルスライト脱毛の略称です。美容医療に造詣の深い読者諸君なら、「IPLってシミ治療のIPL?」なんて思うかもしれませんね!

その通りです!美容外科などでシミ消し治療として使われるIPLの出力を弱めたパルスライトを利用して脱毛するのが銀座カラーの脱毛です。

このIPLは、メラニン色素に集まる性質を持っており、これを利用して毛の細胞組織に対してダメージを与えることができます。

脱毛で使用する光はメラニン色素に集まらなければならない

脱毛で使用する光は、このようにメラニン色素に対して反応するレーザーや光でなければなりません。

なぜなら、ムダ毛に効率的にダメージを与えるためには何らかの方法で毛を狙い撃ちする必要があるからです。

その方法として最も効率的なのが毛が持つメラニン色素に反応させるという方法なのです。

他の脱毛方式ではメラニンへの反応が薄い

脱毛サロンで提供される美容脱毛には、3種類の脱毛方式があり、SSC脱毛、IPL脱毛、SHR脱毛というものがありますが、IPL脱毛はその中でも特にメラニン色素への反応が強い脱毛方式です。

そのため、確実に太い毛を狙い撃つことができる脱毛方式であるとも言えます。

SSC脱毛やSHR脱毛は、そこまでメラニン色素へ強く反応をしないため、脱毛効果は薄いと考えられるのです。

肌の色によっては最弱の脱毛効果になる

ただし、それは肌の色が白い人の話です。IPLはメラニン色素に強い反応を示しますから、生まれつき地黒肌の方や、日焼けをしている方はIPLが肌の持つメラニン色素にも反応してしまい、思ったように脱毛効果が得られないことがあります。(下図参照)

そのため、銀座カラーを始めとしたIPL脱毛を採用ていしいる脱毛サロンでは、日焼け肌の方は施術を断られてしまうケースがあります。

IPL脱毛は産毛の脱毛効果が薄い

ここで新たに問題になるのが、メラニン色素が薄い産毛の脱毛です。

メラニン色素頼りで脱毛をしている銀座カラーのIPL脱毛は、メラニン色素が薄い産毛の脱毛は苦手としています。

なぜなら、脱毛開始から数回までの照射は、太い毛にIPLのパワーが吸収されてしまうからです。

そのため、脱毛開始初期段階では産毛へのまで脱毛することは難しいと考えられるのです。

銀座カラーの脱毛に必要な期間は3年!?

脱毛サロンでは、脱毛をするためにはだいたい18回程度の回数が必要だと言われています。

6回で40%程度、12回で80%程度、18回で90%程度の毛がそれぞれなくなると言われています。(とはいえ、医療脱毛とは違いムダ毛は復活してきますが…。)

ただ、この18回という回数を毎週通えば良いかと言われれば答えはNOです。これを理解するためには「毛周期」と「脱毛の仕組み」について理解する必要があります。

そもそもですが、脱毛のメカニズムとは以下の画像のようになっています。

レーザーが照射された毛は毛乳頭細胞という栄養を毛に送る役割を持った細胞が破壊(脱毛サロンでは破壊まではできません)されます。

毛に栄養が行かなくなれば、だんだんとその毛は退化していき、やがて自然に抜け落ちていきます。

そのため、脱毛では主に毛乳頭細胞の損傷が目的となるのですが、この毛乳頭細胞は毛周期と呼ばれる毛の生え変わりサイクルによってややこしい動きをします。

上記画像のように、毛乳頭細胞(黄色い粒)が毛から離れたりくっついたりしています。

毛乳頭細胞が毛から離れている状態で照射しても、脱毛効果を得ることはできないのです。

そのため、IPL脱毛を採用した脱毛サロンでは、2ヶ月〜3ヶ月の間を空けて脱毛することになります。

さもなければイタズラに肌を傷つけるだけだからです。

こういった理由から、銀座カラーのIPL脱毛は18回×2ヶ月=36ヶ月(3年)という期間を必要とすることになるのです。

銀座カラーの公式サイト

銀座カラーのIPL脱毛は長い期間をかけて確実に脱毛する方法

まとめに入りますが、銀座カラーの脱毛はズバリ「長い時間をかけて確実に脱毛するもの」だということを理解しておきましょう。

ミュゼや脱毛ラボのSSC脱毛に比べれば、即効性も高く確実な脱毛方式だといえますが、一方で18回という回数をこなすためには結構な時間が必要になるのです。

また、脱毛サロンの脱毛は永久脱毛ではないということも理解しておかなければなりません。

脱毛サロンシースリーの調査によれば、脱毛サロン経験者の60%がムダ毛が生えてきたことを実感しているそうです。

通う手間も考えると、長い期間をかけて脱毛するよりも医療脱毛をしたほうがおトクだと思いますが、皆さんはいかがでしょうか??

脱毛サロン・クリニックを探す