脱毛サロンで失敗しないために気をつけておきたい9つのポイント

「脱毛サロンに通いたいけどメニューもそれぞれ違うし、結局どこがいいのか分からない!!」初めての時は迷ってしまうのは当然ですよね。サロンスタッフに勧められたことを鵜呑みにしてしまったり、脱毛したいと思っていなかった部分も契約してしまったり…。

実は、「キャンペーン価格が安い」や「家から近いから」等の理由で選んでしまい、後悔している方もたくさんいらっしゃいます。
そんな悩める女性のために当サイトでは脱毛サロン選びの際に注意しておきたいポイントについてまとめましたので、これからサロンに行ってみようと思っている方は是非参考にしてみてくださいね!

脱毛サロンの選び 8つのポイント

さて、早速ですが脱毛サロン選びの際に注意しておきたいポイント8つを解説していきます!各ポイントごとにオススメのサロンも紹介していますので、そちらも参考にしてみてくださいね!

1.料金

一般的に全身美容脱毛の場合の金額は20〜40万程度、医療脱毛の場合は30~60万程度の金額が相場とされています。

脱毛サロンによっては、”全身脱毛月々◯◯円”や”◯回分が無料”といったかなりお得に見える訴求をしていますが、これは総額の分割払いにした時の金額になります。

完全に毛が生えてこなくなるまでには複数回通わなければなりませんので、月額制サロンでも回数制のサロンでも契約金額の総額は上記の金額くらいかかるものと思っておきましょう。

他の口コミサイトや各サロンの公式HPで少し調べた方はこう思うのではないでしょうか。

広告とは違う金額じゃないか!

料金のカラクリについては、以下で解説していきます。

広告の金額が違う理由

公式ページで訴求されているような月額◯◯円や月々◯◯円というのは、実は色々なカラクリがあります。

例えば、脱毛ラボのような脱毛サロンでは、確かに月額の料金は安いのですが、1ヶ月に1回2ヵ所を脱毛して全身24ヵ所を12ヶ月に渡って脱毛していくため、抜けていくペースは他のサロンに比べて圧倒的に遅いですし、それだけ長い期間通わなければならないので、総額も膨れ上がっていきます。

こういった場合、月額で払う金額が安いとしても1回で全身を施術してくれるサロンよりも長い期間をかけて通わなければならないので、結局払う金額は大きくなってしまう。というものです。

また、コロリーのように”月々”と表記されているような金額は、月額制とは異なり、回数契約の料金を分割払いした時の料金になるので、注意が必要です。口コミサイトやブログでは、こういった表記を誤っているケースが多いので、公式ページで本当に正しいのかを確認することが必要です。

さて、この分かりにくい月額制と回数制の違いについても、以下で解説していきますね。

月額と回数制の違い

上記でも記載した月額料金と回数制の大きな違いは、いつでもやめられるかどうかです。

“月々”と表記されている「回数制」の契約では、例えば12回の施術を契約することができます。
予め決められた回数を通えるため、好きな時に通えるというメリットがある反面、自分のタイミングでやめることができないというデメリットがあります。

まだ抜けてないのに回数を消化してしまったり、もう通う必要がないのに、回数が余っているということが起こりえます。

月額制の場合は、その月に脱毛サロンに行こうが行かまいが、料金はとられてしまいます。ただし、自分が満足したタイミングでやめることができるので、しっかり通えていれば回数制に比べてお得になるケースが多いです。スタッフの接客が気に入らなかったりした場合にやめやすいのが月額制のメリットです。

2.医療脱毛か美容脱毛

脱毛サロン(クリニック)には大きく分けて医療脱毛と美容脱毛(エステ)の2種類があります。

一般的に医療脱毛を提供しているところを”脱毛クリニック”、美容脱毛を提供しているところを”脱毛サロン”と呼びますが、
その違いは脱毛の方法によります。以下ではそれぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。

医療脱毛は、高額だが質が高い

医療脱毛はレーザー脱毛といって、出力の高いレーザーを使用する脱毛であり、メラニン色素を破壊することで、”永久脱毛“が可能です。

医療脱毛のメリットとして、

  • 肌の色が明るくなる
  • 肌がキレイになる
  • 少ない回数で脱毛が完了する

などが挙げられますが、その反面有資格者にしか施術が許可されていないため、美容脱毛に比べて脱毛料金が高額となっております。また、施術中に痛みを伴うことが多く、施術時間も長いためストレスに感じる方もいるかもしれません。

施術を行う方の技術にもよりますが、レーザーは肌への負担が大きく、肌荒れを引き起こす可能性は美容脱毛に比べて高く
大手クリニックでは薬を処方したりして、肌荒れがひどくならないように対策をとっています。

美容脱毛は安価だが時間がかかる

美容脱毛は光脱毛という、刺激の少ない光を広範囲に照射して脱毛する方法を採用しています。IPL脱毛とS.S.C脱毛と呼ばれる方法が主流の方法で、サロンによってそれぞれ採用している方式が異なります。

レーザー脱毛とは異なり、肌への刺激が弱いため痛みも少なく、資格を持っていなくても施術が可能なため、提供価格も安価です。
また、広範囲に光を当てて施術を行うため、1回の施術時間も短く、それほどストレスを感じません。

ただし、完全に毛が生えてこない状態にするために、1〜2年の期間を要します。(※2〜3ヶ月に1度の頻度で施術した場合)また、個人差もあり、8回ほど通って脱毛が完了したという人もいれば、16回通ってようやく脱毛が完了したという方もいらっしゃるようです。
美容脱毛では法律上”永久脱毛”ができるという広告訴求はできないことになっていますが、複数回通っていると”事実上の永久脱毛”は可能です。

お手軽で通いやすいのは美容脱毛ですが、お金に余裕があって、質の高いサービスを受けたい方は医療脱毛をオススメします。

主な美容脱毛サロン

3.コースやプラン

毛の太さや肌の環境によっては脱毛完了までに要する期間は個人差があります。そのため、どれくらいの期間でどこをどのように脱毛したいか、ということをしっかり把握しておいたほうがよいでしょう。

前述したとおり、脱毛サロンによっては月額◯円とかなりお手頃な値段で広告を打っていますが、コースの内容はサロンやクリニックによって様々です。

全身脱毛サロンの中には、脱毛Laboのように1回の来店で4ヵ所しか脱毛してくれない、ところもありますし、値段だけで選んでしまうと後悔することが多くなるかもしれません。

4.予約のとりやすさ

サロン(クリニック)や地域によっては、休日のお昼頃などになかなか予約がとれなかったりします。そのため、予約のとりやすさ、自宅から通える範囲にあるか等も併せてチェックしておくことをオススメします。

特に月額制のサロンの場合は予約がとれなかったり、都合があわず通わなかったりした場合も料金が発生しますので、注意が必要です。予約がとれないと通うのが億劫になってしまい、半年以上通ってない…。等はめんどくさがりな人によくあるので、予約の取りやすさも大事なポイントです。

5.解約のしやすさ

脱毛サロンによっては予約のキャンセル料がかかったり、解約時に一定の金額を支払っていないと別途料金が発生する場合があります。

“いつまでのキャンセルなら料金がかからないのか”、”違約金があるのか”などは契約前に把握しておくほうがよいでしょう。
特に仕事が忙しくて思ったように時間がとれない人は店舗の営業時間についても把握しておいたほうがいいかもしれません!

6.店舗の環境

サロンスタッフの接客や店舗の清潔感も大事です。1〜2年通うことを考えるとなおさら不潔なお店には行きたくないですよね!カウンセリング時に少しでも「あれ?このお店大丈夫かな?」と思ったら、他のサロンも見てみることをオススメします。

7.口コミ

インターネット上の口コミは信憑性に欠けるものも散見されるのは事実。口コミを鵜呑みにしすぎるのも問題ですが、実際に行ったことがある人の意見は大事です。

昔から脱毛サロンに詳しい人ならよくご存知かと思いますが、某サロンの運営会社が倒産してしまい、契約していたユーザーは回数を消化できず、返金もされないまま泣き寝入り・・・。なんてことが過去にありました。

大手のサロンでさえも、赤字が続いて撤退を余儀なくされてしまうことも考えられますので、口コミで怪しい投稿があったりすると少し警戒して運営母体を調べてみても良いかもしれません。(※もちろん当サイトではそのような如何わしい脱毛サロンはご紹介しませんのでご安心ください!)

8.脱毛の方法

各サロンやクリニックによって脱毛器が異なり、それぞれ特徴が変わったりします。以下では代表的な美容脱毛と医療脱毛の脱毛方法について詳しく解説していきます。

美容脱毛の方法は大きく3種類

美容脱毛の方法は現在日本で主に3種類が採用されています。

一つは、KIREIMOや銀座カラーが採用しているIPL脱毛と呼ばれるもので、最もオーソドックスな美容脱毛です。
IPLは、黒色(メラニン色素)に反応する光が毛根の毛母細胞のなかにある毛乳頭という発毛組織に熱ダメージを与えて、毛の再生する力を弱める方法です。

もともとは、脱毛ではなく、シミ・ソバカス治療に使われていたものであるため美肌効果があると言われていますが、美容脱毛の中では最も刺激が強い光であるため、生まれつきかなり肌が弱いという方は合わないかもしれません。

また、メラニンに反応するため毛が細すぎると反応してくれない可能性もあるため、産毛等に対して効果が弱いと言われています。これと同じ理由で、日焼け肌への効果はほとんどないため、生まれつき褐色肌の方には向かない脱毛方法です。

次に説明するのが、ミュゼや脱毛ラボが採用しているSSC脱毛というもので、毛の成長を抑制する成分が入ったジェルを塗り、その上から光を当てて、ジェルとの相乗効果で、抑毛する方法です。

メラニンに反応する光を当てるため産毛への効果は薄いと言われており、日焼け肌の施術もNGであるため、特徴としてはIPLとほとんど変わらない脱毛方法です。
唯一光自体はIPLよりも弱いため、敏感肌の方には優しい脱毛方式といった点では優れています。

一方でミュゼや脱毛ラボはジェルに美肌効果があると言っていますが、メーカーもそういった効果は公表していないため本当かどうか怪しいというのが管理人の見解です。

最後に、SSCとIPLの弱点をカバーする脱毛として最近出てきたのがSHR脱毛と呼ばれるものです。この脱毛方法は、発毛のきっかけとなる毛包部やバルジ領域と呼ばれる部分にダメージを与えていく方式です。

蓄熱式脱毛とも言われており、施術の際は20度、40度、60度、80度の熱を順番に肌に当てていきます。こうすることで、熱が蓄えられてバルジや毛包部の機能を弱めることができます。

この方式では、色に反応する従来の方式とは異なり、産毛や日焼け肌にも効果が得られることや毛周期に関係なく施術ができるため、これまでの美容脱毛の弱点をカバーできます。
まとめると下記のような感じ!

脱毛方式 敏感肌 産毛・褐色肌 美肌効果 即効性
IPL脱毛 ×
SSC脱毛
SHR脱毛

医療脱毛のレーザーは主に3種類

続いて医療脱毛について解説していきます。医療脱毛にはレーザーによる毛根の破壊とSHR脱毛と同様の方法であるバルジ領域を破壊する2種類がありますが、その際に活用するレーザーは3種類あります。

1つは、アレキサンドライトレーザーと呼ばれるもので、ジェントルレーズ、エリートアボジー、G-MAX等の脱毛機器ではこちらのレーザーが照射されます。
アレキサンドライトレーザーはメラニン色素に反応して黒い部分へレーザー熱を送り、細胞を破壊していくため、濃い毛に効きやすいレーザーと言われています。

ただし、肌の色が濃い方や日焼けされている方は過剰に色素に反応してしまい、火傷等の恐れがあるため、施術することがNGとされています。また、産毛等の薄い毛には機械が反応しにくいため、得られる効果が薄いとされています。加えて、レーザーの波長が短いため表皮部の火傷のリスクが高く、痛みも強いことがデメリットと言われています。

一方で肌のトラブルがない脱毛器として、日本でもアメリカでも認可されており、照射時にコラーゲンが生成され、美肌効果があるとまで言われています。

アレキサンドライトレーザーは、毛が薄くなくて、褐色肌ではない方にオススメの脱毛レーザーです。

次に、半導体を活用したダイオードレーザーの紹介に移りたいと思います。

ダイオードレーザーは、褐色肌の方や産毛にも照射が可能なオールマイティーな脱毛レーザーとして人気が高いです。リゼやアリシアクリニックでも採用されている、ライトエシェアデュエットは このダイオードレーザーが照射されます。ダイオードレーザーはアレキサンドライトレーザーよりも更に深い位置までレーザーが照射されるため、アレキサンドライトレーザーに比べて弱い出力でも脱毛が可能となります。

色素が沈着してしまった肌や、日焼けや生まれつき肌が黒い方でも照射できるのが最大のポイントで、万人にオススメできるオールマイティな医療脱毛レーザーです。

ただし、VIOやワキ等の濃い毛には、後述のYAGレーザーのほうが適しています。

最後に、YAGレーザーについて解説していきます。上記2つのレーザーに比べて波長が長いのが特徴です。

他のレーザーでは効果のでにくい毛根が肌から深い位置にあるVIOやワキ等の濃い毛に有効とされるのがこのレーザーです。

波長が長く痛みが少ないレーザーと言われていますが、メラニン色素に反応しにくいため産毛への効果が薄く、VIOやワキ等の太く濃い部位限定で使用されることが多いです。

まとめると下記のような感じ!

レーザーの名称 波長 産毛への効果 日焼け肌への効果 痛み 主な脱毛器
ダイオードレーザー 810nm 普通 ライトシェアデュエット、メディオスターNexT
アレキサンドライトレーザー 755nm × × 強い ジェントルレーズ・ジェントルマックス
YAGレーザー 1,064nm 少ない ジェントルヤグ

9.脱毛のスピード

脱毛サロンの場合は18回、医療脱毛の場合は5回でお手入れが不要になると前述しましたが、IPL脱毛や医療脱毛では毛周期の関係でだいたい2ヶ月置きに通うのが最適とされています。

そのため、美容のIPL脱毛だと、3年の期間を要してしまいます。SSCだとIPLほどもろに毛周期の影響による効果はないので、1ヶ月置きでも問題ないと言われていますが、それでも1年半の期間を要します。一方で、SHR脱毛は2週間に1度のペースで通えるため、最短9ヶ月で脱毛が完了するということで注目を集めています。

医療脱毛に関しても、5回を2ヶ月置きに通うことになるため、10ヶ月と1年以内の脱毛完了が見込めます。また、脱毛ラボのようなサロンでは、1回の来店で4ヵ所しか施術してくれなかったりするため、1回の来店で全身を施術してくれるか否かも重要なポイントです。

まずは無料のカウンセリングを受けてみよう

さて、色々と解説をしてきましたが、百聞は一見にしかず。時間に余裕があるなら、色々なサロンでカウンセリングを受けてみるのが一番確実です!

どこのサロンもカウンセリングは無料ですし、体験も無料で実施しているサロンも存在します。「勧誘されそうで不安…。」という方もご安心ください。

インターネットが発達したこのご時世に無理な勧誘は少なくなっています。「どこのサロン(クリニック)が良いのか選んでいる最中なので、少し考えさせてください。」と言えば、無理な勧誘はされないはずなので、安心してカウンセリングや体験を受けにいきましょう。

脱毛サロン・クリニックを探す