脱毛が初めての方必見!!脱毛サロン選びの完全マニュアル2019年版


これから脱毛サロンに通おうと考えている方にとって、脱毛サロンの料金プランやサービスは非常にややこしいものだと思います。脱毛の料金、脱毛の効果、追加料金の有無、サービスや補償など考えることは様々あります。

――一方脱毛サロンに関する解説を行っているサイトの中には、正気の沙汰とは思えない品性やモラルを欠いたサイトも存在し、所謂ステルスマーケティングに近いものも多く、口コミすら信用できないものになってきています。

これ以上プロブロガーと呼ばれる人たちを貶めると脱毛ミーアとしても夜道に襲われかねないので非難はこのあたりにしておくが、清廉潔白な脱毛ミーアとしては読者たる皆さんにより正しい情報をお届けする必要があると思った次第だ。(ドヤ)

この記事では、「脱毛サロン選びの完全マニュアル」と銘打ってこれから脱毛サロンに通おうと考えている方が、後悔をしないように脱毛サロンに関する情報を総まとめしていますので、是非参考にしていただければと思います。

やや辛口で言葉が汚いところもあるかもしれないが、エンターテイメントとして受け取っていただければ幸いだ。

この記事のPOINT
それぞれの脱毛サロンの特徴を理解した上で、自分にピッタリの脱毛サロンを見つけよう!

脱毛サロンとは

本項のPOINT
まずは脱毛ササロンがどんなサービスを提供しているのかおさらいしよう!

そもそもだが、脱毛サロンとはどんなところなのでしょうか。一般的に脱毛サロンとは、「光脱毛を提供しているエステ」のことを指します。

ミュゼやキレイモのように脱毛を専業として行っているところもあれば、エルセーヌやTBCのように痩身やハンドエステなどのサブメニューとして脱毛を提供している場合もある。

同じようなサービスに「医療脱毛」というものもあるが、この違いについては後述していきたい。

――光脱毛は、様々な別名を持っており、「エステ脱毛」「美容脱毛」「フラッシュ脱毛」は光脱毛と同義のサービスだ。ここでは便宜上光脱毛と呼ばせていただきたい。

ともかく、脱毛サロンとは光脱毛を提供しているエステサロンのことを指すと理解してください。

どんな脱毛サロンがあるの?

本項のPOINT
どんな脱毛サロンがあるのかを知ろう!

ではそんな脱毛サロンには、どのような店舗があるのか。以下では一部ではあるが代表的な脱毛サロンについてご紹介していきたい。

ミュゼプラチナム


脱毛をしたい!と考えた方が真っ先に思いつくのがミュゼプラチナムではないだろうか。

全国に175店舗(2018年9月時点)を展開しており、この店舗数は圧倒的トップだ。要するに最大手。

だが実はミュゼプラチナムはワキ脱毛こそキャンペーン料金があるため安いが、全身脱毛やその他の部位の料金はべらぼうに高い。――どれくらい高いかというと、医療脱毛クリニックの倍くらいの値段だ。効果が薄いのに料金が高いというなんとも矛盾したサービスである。

そのため、脱毛ミーアとしては基本的にキャンペーン以外でのミュゼの利用はおすすめしない。

だがしかしこれだけの規模を維持しているということは一定数ミュゼで契約する人がいるということだ。皆さんはそうならないようによく調べてから通うようにしましょうね。

ミュゼプラチナムの詳細

キレイモ


ここ数年で絶大な人気があるのが、全身脱毛専門サロンのキレイモだ。

キレイモは、ミュゼとは異なり適正な価格で高品質なサービスを提供している脱毛サロンであるため、口コミでの評判も高い。

一方、決定的なデメリットがある。それはIPL脱毛という方式故、脱毛完了までに長い時間がかかってしまうという点だ。具体的には3年かかる。

当サイトの読者たる諸姉も一日千秋の思いはしたくないだろう。そのため脱毛ミーアとしては積極的にはおすすめはしない。

だが、ゆっくりでいいからしっかりしたサービスを提供してくれるサロンで脱毛をしたいと考えるのであれば、キレイモは良いサロンだと思います。

キレイモの詳細

銀座カラー


銀座カラーは、通い放題のプランが魅力の脱毛サロンだ。他の脱毛サロンでは、12回〜18回のプランで契約をして、契約回数以上通う場合は追加料金を支払う必要がある。

――が、銀座カラーは通い放題であるため、極端な話100回通っても料金は変わらない。これは非常にお得だ。

しかも後ほど詳しく比較するが、通い放題だからといって料金が高いわけではなく、通い放題なのにミュゼやキレイモより安い。

ただもちろんデメリットはあり、キレイモと同じく脱毛が完了するまでには3年程度の期間を必要になる。さらに追加料金も多い。

銀座カラーを一言で言い表せば、安かろう悪かろうな脱毛サロンだ。

銀座カラーの詳細

コロリー

コロリーはミュゼ・プラチナムが運営する全身脱毛専門のサロンで、平日の昼間に通えるなら最安値で脱毛をすることができる。

ただこちらも安かろう悪かろうだ。コロリーはSSC脱毛を採用しており、脱毛効果の面で不安が残るため、積極的におすすめできるものではない。

安いプランは平日の昼間しか通えないし、通常料金はミュゼと同じく高額なので、社会人の諸姉にはおすすめできない。

コロリーも安かろう悪かろうな脱毛サロン。どちらかと言えば学生向けだろうか。

コロリーの詳細

シースリー

シースリーは銀座カラーと同じく通い放題のプランが特徴的な脱毛サロン。

銀座カラーと脱毛方式も同じであるが、決定的に異なる点はプランの有効期間だ。銀座カラーは1年間期間を空けると、自動的に契約が切れてしまうがシースリーは生涯有効だ。

――ただ、生涯補償と銘打っていてもシースリーが倒産しない可能性は0ではないし、脱毛料金も高額であるためぶっちゃけメリットは少ない。一生通い続けるくらいならパパっと医療脱毛で永久脱毛してしまったほうが経済的にも時間的にもお得である。

つまりこのサロンもおすすめできない。駄サロン。

シースリーの詳細

ストラッシュ

ストラッシュは、SHR脱毛という最新の脱毛方式を採用した脱毛サロンです。

結論から言えば、脱毛ミーアとしては積極的におすすめできる脱毛サロンはストラッシュのみだ。
痛みが少なく、肌に優しく、そして脱毛完了までのスピードも早い。そしてリーズナブル。接客も良し。

他の脱毛サロンが可愛そうなくらい良質なサービスを提供している。別に脱毛ミーアはストラッシュの回し者ではないので安心してください。

ストラッシュの詳細

恋肌

脱毛ミーアが最も敵視するサロン。安い月額で脱毛初心者を釣って高額な契約をさせようという魂胆が見え見えだ。

月額1,435円のプランには、脱毛完了までに200ヶ月以上かかるという落とし穴がある。

ブランドイメージが良いためなのか、対してサービスが良いわけではないし料金も安いというわけではないのに若い世代を中心に人気があるが、皆さんが如何にみちょぱファンであっても騙されてはいけない。

恋肌の詳細

脱毛ラボ

脱毛ラボは、最近まで恋肌と同じような手法で脱毛初心者がよく落ちる罠を仕掛けるだけのサロンであったが、2018年からSHR脱毛を導入したことによって脱毛ミーアの中で株が急上昇中の脱毛サロンだ。

料金も比較的リーズナブルで、部分脱毛は最安値、全身脱毛はTOP5に入る安さであるため、結構おすすめできる。

ただ、長らく培った無理矢理にでも契約を取ろうとせん企業風土は拭いきれてないのが残念。また、追加料金も多い。

脱毛ラボの詳細

ここまで紹介してきただけでも結構な数の脱毛サロンがあることがお分かりになったと思う。

以下では、これらのサロンの料金や効果を比較するとともに脱毛サロンに通う前に気をつけておきたい注意点について解説していく。

ここで紹介したサロンはほんの一部よ。ちなみにアメリカでは美容室で光脱毛が受けれたりするわよ。

脱毛サロンって本当に効果ある?

本項のPOINT
脱毛サロンで提供される光脱毛には効果があるのか?また、どのような効果があるのかを理解しよう!

まずは脱毛サロンの効果について解説していきたい。多くの諸姉がご存知の通り、脱毛サロンは1回通っただけではほとんど効果がなく、複数回通う必要がある。

――では、何回通えば効果が出るのだろうか?何回通えば完全にムダ毛はなくなるのだろうか?また、本項では医療脱毛との違いについても触れていきたい。

脱毛サロンは何回通えば抜けるの?

何回で効果が出るのか」ということは脱毛サロンによって様々な見解があるが、ここで注意する必要があるのが、表現の方法だ。

例えば、ミュゼの場合公式サイトでは脱毛効果には個人差がありますが、4~6回程で自己処理が楽になり、8~12回程でムダ毛の心配がいらなくなる方が多いです。という記述がされているが、「自己処理が楽になる」「ムダ毛の心配がいらなくなる」といった曖昧な表現がされている。――こういった言い逃れができる表現は信じてはいけない。

回数に対して明確な見解を示しているのは脱毛ラボとキレイモくらいで、両サロンでは、「18回で90%の毛を削減することができる」と言っている。諸外国での脱毛に関する実験結果のレポートを見ても、この18回というのは概ね正しいと思って良さそうだ。

結論を申し上げると、脱毛サロンでは概ね12回で80%、18回で90%の毛が削減できる。もちろん体質や肌色などの要因にも左右されますが、多くの場合18回で90%の毛が抜けると考えて良いでしょう。

公式サイトの記述から、正直者のサロンかそうでないかが分かるわね。ちなみに、回数については隠しておきたいのか、公式サイトに記述されていないことが多いわ。

脱毛サロンでは永久脱毛ができない!!

ただ、脱毛サロンで施術を行い、一度90%の毛髪を削減できたとしても、そのムダ毛は3年〜5年で復活するものだと考えておきましょう。

なぜなら、永久脱毛をするためには、毛乳頭細胞という毛に栄養を送る細胞を破壊する必要があるが、光脱毛には細胞を破壊するほどのパワーがない。また、医師法17条でもエステ脱毛での細胞破壊は禁止されている。

事実、シースリーが行った調査によると、脱毛サロン経験者の60%が5年以内にムダ毛の復活を実感していることが分かった。

こういった結果を受けて、シースリーでは生涯脱毛補償として永久通い放題のプランを提供しているが、一生脱毛サロンに通い続けるなんて時間のムダでしかない。

医療脱毛(レーザー脱毛)なら、短期間で永久脱毛ができるため、ぶっちゃけそっちの通ったほうが時間にもお財布にも優しい。

永久脱毛に関する定義は人によって違うみたいだけど、脱毛ミーアではFDA(アメリカ食品医薬品局)の定義に基づいて解釈しているわ。

脱毛サロンは医療脱毛と何が違うの?

そんな医療脱毛と脱毛サロンの違いは、以下のようなものがあります。

  • 脱毛サロンではできない恒久的な毛髪の削減(永久脱毛)が医療脱毛ならできる
  • 脱毛サロンは18回通う必要があるが、医療脱毛は5回で済む
  • 肌トラブルが起こった時に医療脱毛なら無料でその場で対応してもらえる
  • 部分脱毛は医療脱毛のほうが圧倒的に安い
  • 脱毛サロンのほうが痛みは少ない

――元も子もないことを言ってしまうと、医療脱毛と比べた時に脱毛サロンのメリットとなるのは痛みの少なさくらいだ。

「医療脱毛は高い」と言われているが、実際そんなことはないし、部分脱毛に至っては脱毛サロンの底値と医療脱毛の一番高いクリニックがイコールになったりもする。

例えばVIO脱毛の最安値は脱毛ラボの135,000円だが、医療脱毛の場合渋谷美容外科クリニックで45,000円で脱毛することができる。

さらに安全性についても、パワーが弱いにも関わらず脱毛サロンのほうがトラブルの件数は多い。

引用:国民生活センター

このため、よほど肌が弱いなどの事情がない限りは、脱毛サロンは基本的におすすめできるものではないのだ。

脱毛による危害は10年以上前からずっと消費者庁が指摘し続けているけど、なかなか直らないのよね。ちなみに政府が指摘したことによって業務停止→倒産した脱毛サロンもあるわ。

最近のサロンで言うと、シースリーとか恋肌はグレーな記述が多いから危ないんじゃないかしら…。

脱毛サロンってどれくらいお金が必要?

本項のPOINT
脱毛サロンではどれくらいの費用がかかるのか?また、その支払方法にはどのようなものがあるのかをチェックしてみよう!

では、そんな決して安くはない脱毛サロンの料金とはどれくらいなのでしょうか?本項では脱毛サロンの料金について簡単に解説していきたい。

一番安い脱毛サロンはどこだ!?

先程も少し紹介しましたが、脱毛サロンで一番安いのは、コロリーのデイプランです。参考までに、冒頭で紹介した脱毛サロンの料金を一覧で比較してみよう。

部分脱毛まで比較していると長くなってしまうので、ここでは全身脱毛の料金のみにフォーカスしていきたい。

また、先程紹介した通り脱毛サロンでは18回通う必要があるため、18回の料金を紹介していく。

脱毛サロン 全身脱毛 全身脱毛+顔脱毛
ミュゼプラチナム ¥504,000
キレイモ ¥313,956 ¥313,956
銀座カラー ¥197,650 ¥371,050
コロリー(平日限定) ¥176,400 ¥266,400
シースリー ¥285,000 ¥340,000
ストラッシュ ¥287,280 ¥287,280
恋肌 ¥285,120 ¥285,120
脱毛ラボ ¥279,980 ¥279,980

顔脱毛が含まれているサロンと含まれていないサロンがあるため、分けて比較しているが、ミュゼのように顔脱毛ができない脱毛サロンも存在する。

――ともかく比較してみると、コロリーや脱毛ラボが比較的安い部類に入ることが分かった。銀座カラーの通い放題プランも安いため、18回以上通うのであれば銀座カラーもお得かもしれない。

恋肌や脱毛ラボは月額1,435円だとか月額1,990円だとか言っているが、他の脱毛サロンと総額で見るとほとんど変わらないのだ。

後ほど詳しく解説するが、こういった安すぎる月額には必ずからくりがあるので、月額5,000円以下のサロンはまず注意したほうが良いだろう。

医療脱毛は高いと思っている人も多いけど、実は全身脱毛の最安値は165,000円で新宿のクリニックよ。

料金の支払い方法は2種類存在する

上記では全身脱毛をする場合の総額で比較したが、実際にこれだけの大金を一気に支払うのは気が引けるという諸姉もおられるだろう。

そのような場合には、月額制を採用しているサロンに通うことでローンを組むなどの借金をせずに脱毛をすることができる。

月額制とは、通った通わなかった関係なく毎月決められた金額が銀行から引き落とされるという支払い方法になります。

ローン払いの場合は、信販会社からお金を借りて、脱毛サロンに対しては一括で支払うのだが、毎月信販会社の支払いに対応する必要がある。

実際支払う金額に関してはほとんど変わらないのだが、万が一支払いが遅れたりすると、信用情報に傷が付き、今後ローンを組みにくくなったりするためだ。そのためローンはリスクが高い支払い方法とも言える。

そんなリスクの低い月額制を採用しているサロンは、以下の4つのサロンだが、先程解説した通り、脱毛ラボと恋肌の月額プランには落とし穴がある。

以下では18回の施術を受けるために必要な支払い期間についても触れていくので参考にしていみてください。

脱毛サロン 月額料金 支払い回数
キレイモ ¥9,500 36ヶ月
ストラッシュ ¥7,500 36ヶ月
脱毛ラボ ¥1,990 252ヶ月
恋肌 ¥1,435 216ヶ月

脱毛ラボの場合は14ヶ月かけて、恋肌の場合は12ヶ月かけて全身を施術することになるため、こんなペースで通っていてはいつまで経っても脱毛は完了しない。これが先程紹介した落とし穴だ。

――また、シースリーや銀座カラーも「月額」という記述がされているが、実際にはローン支払いだ。この場合「月額」ではなく「月々」と記述する必要があるのだが、これ法律に引っかかっていませんかね…?

こういった背景もあるため、月額制のサロンを選ぶならキレイモかストラッシュということになります。詳しくは以下の記事で。

200ヶ月って18年くらいよね…。そんなに時間かかってたら効果が切れるから結局18年かけても脱毛ができないわよ。

追加料金を請求されることはあるの??

本項のPOINT
脱毛サロンでは、料金以外に追加で費用を請求されることがある。どのような追加料金が請求されるのか、予め理解しておこう!

脱毛サロンでは、追加料金がかかることがある。

具体的に言うと、脱毛に必要なオプションを追加したときや、18回で満足できなかった時に回数を追加することで追加料金が発生する。

脱毛サロンの追加オプション

脱毛サロンでは、回数を追加しない場合でも以下のような場合に追加料金が発生する。

  • シェービングサービスを利用した場合(1回2000円程度)
  • 当日キャンセルを行った場合(回数1回分消化)
  • 肌トラブルが発生した場合(病院代)
  • 解約をする場合(返金額の10%)

脱毛サロンは医療脱毛とは異なり、トラブルに対する補償がないので、自腹で病院に通う必要がある。

また、悪質な店舗の場合、無理やりにでも追加料金をむしり取ろうとしてくるので注意が必要だ。

この他にも、サロン限定販売の商品などがあり、店舗によっては購入をしつこく勧められる場合もある。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

店舗によっては目を更にして剃り残しを見つけて追加料金を請求してくるわ。それくらい見逃してよ…って思うんだけどね〜。

回数追加はどれくらいかかる?

18回の施術で満足が行かなかった場合は、回数の追加を行うことができるが、基本的にこれはおすすめできない。

18回で抜けなかったのにまだ諦めずに通うなんて持った得ない。18回で満足できないということは、皆さんの肌にあっていないのですから。

また、サロンにもよるがほとんどの場合回数の追加は6回単位で購入する必要がある。つまり追加する場合は10万円程度必要になる。

医療脱毛は解約手数料をとらないクリニックが多いが、脱毛サロンは返金額の10%程度の手数料が取られるため、回数追加は非常に持った得ない行為なのだ。

もし回数を追加したい場合は、部分脱毛1回単位で追加をすることができて料金が安い脱毛ラボをおすすめする。それ以外の場合はとてもではないがおすすめできない。

光脱毛は3種類存在する

本項のPOINT
脱毛サロンが提供する光脱毛には3種類あり、それぞれメリット・デメリットがある。これを理解しておかなければ施術したのに効果がなかったということになりかねないので、簡単にそれぞれの特徴を理解しておこう!

さて、話があっちに言ったりこっちに言ったりして申し訳ないが、今一度脱毛効果に関する解説に戻りたい。

――先ほど脱毛サロンは18回通う必要があるといったが、光脱毛の種類によって、どれくらいの期間をかけて18回通うのかということが変わってくる。

2018年現在光脱毛には3種類あるが、本項では3種類の脱毛方式はどのような特徴があり、それぞれどれくらいの期間をかけて通う必要があるのかということについて解説していきたい。

ちなみに医療脱毛なら回数追加は割引になるところが多いわ。しかも解約手数料がかからないところが多いから損をする可能性は少ないの。

IPL脱毛は確実だが時間がかかる脱毛方式

まずはIPL脱毛について。これは最もオーソドックスな脱毛方式で、欧米諸国でも定番の光脱毛だ。

IPL脱毛は一度照射すると2ヶ月という期間をあける必要があるため、どうしても脱毛完了までに3年という期間がかかってしまう。

一方で、光脱毛の中では実績も多数あり、科学的に最も効果が高い脱毛方式であるため、ゆっくりでも良いが確実な方法で脱毛したいという方に向いている脱毛方式だ。

毛が抜ける原理は医療脱毛と同じで、毛乳頭細胞という毛に栄養を送る細胞にダメージを与え、細胞の機能を一時的に抑えることで毛の成長を抑えることができる。

IPL脱毛はキレイモ、銀座カラー、恋肌、シースリーで採用されており、つまりこれらの脱毛サロンに通うと最低3年かけて脱毛していくことになる。

シースリーの場合は1年に4回しか通えないので、自己処理がいらなくなるまでには4年半かかることになる。あまりにも時間かかりすぎだ。医療脱毛なら10ヶ月で終わる。

アメリカでは細胞破壊が規制されていないからIPL脱毛による火傷の被害が多いわ。「ipl burn」で検索すると被害事例が出てくるんだけど、結構グロいから注意。

SSC脱毛は脱毛ではなく抑毛

SSC脱毛はミュゼ、コロリー、脱毛ラボ、ジェイエステなどで採用されている脱毛方式だ。

SSC脱毛は日本でしか受けることができない。――エステ脱毛の需要がこれほど大きいのは世界的に見ても日本だけだ。

そのため、イタリアのDEKA社がこれに目をつけて肌に優しく、一時的に毛の成長を抑えることができる方法を開発し、日本限定で提供を始めた。

原理は至って単純で、毛の成長を抑えるフィニリーブという成分を毛穴に浸透させ、毛の成長を一時的に止めるというものだ。――これは、ほとんど市販のジェルでもできる程度の効果しか期待できない。

世界ではレーザー脱毛が主流な方式であり、一時的な減毛効果しかない光脱毛は需要がないのだ。脱毛ミーア編集部としてもSSC脱毛に通おうとする人の気持ちが分かりません。

――それはさておき、SSC脱毛はIPL脱毛ほど期間を開ける必要がないため、1ヶ月に1回のペースで通うことができる。そのため、1年半でとりあえずは脱毛が完了することになる。

ただ理論上、効果の持続時間は短いので3年もすればムダ毛は復活してきます。

SSC脱毛は「脱毛ではなく抑毛」と表現されることが多いわ。もちろん、繰り返し通えば毛の成長は抑えられていくけど、それも代謝と共に効果が薄れていくわ。

SHR脱毛は最新の脱毛方式

SHR脱毛は、毛の元となる幹細胞を生成する「バルジ領域」を損傷させることで、毛が生成されるメカニズムの根本から断とうというアプローチで脱毛をしようとするものです。

バルジ領域は、毛乳頭細胞に比べて毛から浅い位置にあるため、従来の光脱毛よりも弱いパワーで脱毛することができる。

そのため、肌に優しい脱毛方式であり、さらに痛みも少ない。また、施術も2週間置きに行うことができるため、脱毛完了までも最短9ヶ月だ。このため光脱毛の中では最もメリットが多い脱毛方式であると言える。

一方で、バルジ領域についてはまだまだ研究が必要なものであり、副作用がないか?どれくらい効果が持続するか?については症例が足りないためハッキリしたことは言えない。

――ただ、どうせ脱毛サロンでは永久脱毛がでいないのだから、そもそもデメリットとして数えるに値しない。

そんなSHR脱毛は最新の脱毛方式であるため、まだまだ導入しているエステが少ない。現時点ではストラッシュ、ラココ、ディオーネがSHR脱毛を採用しているサロンで、脱毛ラボが各店舗で順次導入を進めている段階だ。

ちなみに医療脱毛でもSHR脱毛はあって、「バルジ脱毛」と呼ばれているわ。こっちは永久脱毛ができるかどかが怪しいから積極的にはおすすめできないわね。ただ、医療脱毛なのに痛くないってところは評価できるわ。

この中ではやはりSHR脱毛が最もおすすめできる脱毛方式だ。IPL脱毛に通うくらいなら医療脱毛のほうが良いし、SSC脱毛はそもそも効果が弱すぎるため、SSC脱毛するなら市販のジェルでも塗ってれば?と思ってしまう。

SSC脱毛は余程敏感肌だという方ならおすすめできるが、それ以外の場合はハッキリ言って通う価値はない。

脱毛サロンはいつから通い始めるのがいい?

本項のPOINT
前述した通り、脱毛サロンでは永久脱毛をすることができないし、1回通えばすぐに抜けるというわけではない。ーーでは、いつ頃から脱毛を始めればよいのか?

脱毛サロンは医療脱毛とは異なり脱毛効果の持続時間は有限です。そのため、通い始める時期は多少気にしたほうが良いかもしれない。

また、1回通えばすぐに抜けていくというものでもないので、例えば夏に間に合わせたいという場合は、だいたい半年前には通い始めたほうが良い。むしろ半年前では遅いかもしれない。

翌年の7月に海に行く予定があるのであれば、遅くとも10月には通っておきたいところだ。

これも脱毛方式ごとにどれくらいで効果が出てくるのかということが異なってくるので、詳しくは以下の記事を参考にしてください。

最も即効性が高いのはIPL脱毛よ。逆にSHR脱毛は効果を実感するまでに時間がかかっちゃうの。だからSHR脱毛は抜けないっていう間違った口コミも多いわね。

脱毛サロンって痛みはあるの?

本項のポイント
脱毛サロンは痛みが少ないと言われているが、本当に痛くなのだろうか?

効果だけでなく痛みについても脱毛方式によって異なってくる。

脱毛サロンは医療脱毛に比べてパワーが弱いため基本的に痛みは感じにくいが、痛いときは痛い。

IPL脱毛やSSC脱毛はよく輪ゴムで肌を弾かれているような痛みであると表現されるが、まさにそんな感じだ。

この2種類の脱毛方式では、光を一瞬照射していくため、痛みを感じるのは照射されたその瞬間だけだが、その分強い痛みが来る。関西人の諸姉にもわかりやすく言うと、パチンッて感じ。

一方のSHR脱毛はというと、他の方式とはまた異なった痛みがある。――痛いというより熱いと表現するのが正しいかもしれない。

SHR脱毛は20度〜80度の熱を20度間隔で順番に照射し、肌の中に熱を蓄えていく。表面は冷却されているとはいえ、さすがに80度の熱が当たるときは、熱いと感じるだろう。

詳しくは、以下の記事で解説をしているので参考にしてみてください。

いかにパワーが弱くても痛いときは痛い。どうせ我慢するなら永久脱毛のために我慢したいと思わないかしら?

脱毛サロンの口コミについて

本項のPOINT
脱毛サロンの口コミは多数投稿されているが、それって本当に信じていいもの?実はヤラセも多いという事実をしろう!

皆さんも脱毛サロンに実際に通っている人たちの口コミをチェックしてみたいと考えることがあるだろうが、口コミは参考にしないほうが良い。

――というのも、脱毛には個人差があり、口コミを投稿している人の肌の色や毛の濃さまでは見えないからだ。

脱毛には個人差があり、さらに脱毛方式によって得意とする脱毛は異なる。そのため、例えばAさんがキレイモに通って得ることができた効果がそのまま皆さんにも同じように現れるわけではないのだ。

もちろん、接客態度などを参考にしたいというのであれば口コミは参考になるかもしれないが、接客態度よりも安さや効果で選びたいという方のほうが多いと思います。

そのような場合に素人が投稿する口コミを当てにしてはいけません。

また、脱毛サロンの口コミはステマが多い。例えば恋肌は友達紹介制度があったりするので、あたかも実際に体験したかのような投稿をして「すごいよかった〜」などと呟き、契約者を釣ろうと考えている輩が多いのです。

口コミを集めたサイトでも、運営者がわざと悪い口コミは伏せてたりすることもあるわ。こういったモラルを欠いたサイト運営は同業者として許せないわね。

脱毛サロンと勧誘

本項のPOINT
一部の脱毛サロンでは、古い体質を引きずっており、強引ともとれる勧誘をされる場合がある。こういった勧誘を回避するためにはどうすれば良いのか?

脱毛サロンは古い体制を引きずっており、スタッフの給料は契約の本数に応じて変わるサロンがあるようだ。

そのため、店舗や担当者によってはかなり強く勧誘されることがある。

先程も紹介した恋肌は、友達紹介制度もあるので、これで副収入を得ようとして勧誘をしてくる人もSNS上では非常に多いです。もちろん紹介制度があるのは恋肌だけではない。

――こういった場合にうまく断ることができれば良いのですが、八方美人な諸姉は「断ったら傷つくんじゃないか」などと下らないことを気にしてしまい、乗せられるがままに契約してしまうなんてこともあるのでしょう。

うまく断るための方法はいくつかありますが、偽善者として定評のある脱毛ミーア流の断り方を以下の記事では紹介しておりますので、押しに弱いという諸姉は是非参考にしてみてください。

総合力でおすすめの脱毛サロンランキング

さて、それではここまで解説してきたことを踏まえて脱毛ミーアがおすすめする脱毛サロンをランキング形式でご紹介していきたい。

――何度でも言うが、基本的に医療脱毛のほうがおすすめなので、それを理解した上でランキングを参考にしていただければと思います。

1位 ストラッシュ

ストラッシュはSHR脱毛を導入して、急成長中の脱毛サロン。

ついこの間まで10店舗ほどだったと思ったら20店舗に増えていて、その展開の早さには脱毛ミーアもタジタジだ。

多様な支払い方法、通うペース、接客、追加料金が無い点、脱毛料金の安さ、予約のとりやすさ。どれをとってもトップクラスの品質だ。

ただ、部分脱毛が高額である点だけは気をつけておきたい。

全身脱毛の料金 脱毛方式 おすすめ度
¥287,280 SHR 9点 / 10点

ストラッシュの公式サイト

2位 キレイモ

キレイモはIPL脱毛を採用した全身脱毛専門のサロンだ。

繰り返しになるがIPL脱毛は脱毛完了までに3年という長い期間が必要になる脱毛方式であるため、ぶっちゃけあまりおすすめはできないが、「ゆっくりでもいいから確実な方法で脱毛したい」という方にはおすすめだ。

キレイモは料金こそ30万を超えるが、サービスが良く、アフターケアや真摯な接客からも読み取れる通り良いエステだと思います。

全身脱毛の料金 脱毛方式 おすすめ度
¥313,956 IPL 7点 / 10点

キレイモの公式サイト

3位 脱毛ラボ

脱毛ラボはSSC脱毛を採用しているサロンであるが、2018年から順次SHR脱毛を導入していっている。このSHR脱毛の導入によって脱毛ミーアの中で一気に株が上がった。

安い月額で客を釣るスタンスは気に食わないが、もともと料金も安いためメリットが多い。――が、追加料金が結構多いので注意が必要。脱毛ラボはサロン販売の商品も多く、結構勧誘も強いため、ファーストインプレッションは悪いかもしれない。

まぁ、SHR脱毛をするならストラッシュがあるし、追加料金のことを考えるとストラッシュのほうが安いので、どうしても自宅近くにストラッシュがない場合の代打といった感じだろうか。

全身脱毛の料金 脱毛方式 おすすめ度
¥279,980 SSC、SHR 6点 / 10点

脱毛ラボの公式サイト

まとめ

脱毛ラボでおすすめ度が6点ということは、他の脱毛サロンはお察しだ。

基本的に脱毛サロンはおすすめできないが、そうは言ってもやむを得ず医療脱毛クリニックに通えない可能性だってあるだろう。

医療脱毛クリニックが自宅付近にないためどうしても脱毛サロンに通わざるを得ないという場合や、肌が弱くてレーザーの負荷に肌が耐えきれない場合だって考えられる。

――ただ、そうでもない限りは基本的に脱毛サロンに通うことはおすすめできない。

以下の記事では医療脱毛クリニックについて詳しく解説しているので、是非参考にしていただきたい。

ここまでしきりに医療脱毛をおすすめしてきたけど、お試し程度で考えているなら脱毛サロンもいいかもしれないわ。お試しするならミュゼのワキ脱毛が100円でできるからおすすめよ。

ミュゼプラチナムの公式サイト

脱毛サロン・クリニックを探す