脱毛サロンでは永久脱毛ができない!?6割がムダ毛の復活を実感

皆さんは永久脱毛というキーワードを聞いたことがありますでしょうか。キーワードから推測して、「永久にムダ毛が生えてこなくなること」だと思っている方も多いようですが、節分に恵方巻きを食べるという習慣が海苔屋のマーケティング活動の一環としてつくられたように「永久脱毛」というキーワードも大人の事情によってつくられた造語なのです。

永久脱毛というキーワードの意味を定めたのは、アメリカのFDAという薬事承認等を行う機関ですが、その定義とは「脱毛の施術を3回以上行こなった6ヶ月後に66%以上の毛が減っていること

極端な話、6ヶ月の間毛が生えてこなければ1年後にボーボーでも永久脱毛と言えてしまうわけです。さらに、脱毛サロンでは「永久脱毛ができる」と言うことすら法律で認められていません。

御託はこのあたりにしておいて、以下では早速脱毛サロンや医療脱毛における脱毛効果の持続時間について解説していきます!

6割の人がエステ脱毛の効果がなくなったことを実感している


上記の画像はシースリーの公式サイトのものですが、脱毛サロンに通って脱毛完了後、脱毛の効果が切れるのは、2年でおよそ4割、5年でおよそ6割ということが調査結果で明らかになりました。

例えば24歳の時に脱毛が完了すると、4割の人が26歳、6割の人が29歳の時に毛が生えてくることになります。60%って降水確率なら傘持っていくレベルですね(;´Д`)

せっかく若く貴重な時間と一生懸命稼いで貯めたお金をキレイのために費やしたのに、こうなってしまっては元も子もありません。

いったいなぜ脱毛の効果がなくなってしまうのでしょうか?それは、美容脱毛の脱毛の方法に関係があります。

美容脱毛は、一時的な減毛と心得よ

そもそも毛が生えてくるメカニズムは、完全に解明されているわけではないです。解明されていたらハゲに悩む男性はいなくなりますからね。

1本1本の毛は以下の画像のような構造になっています。

「細胞とか出てくると読む気失せるんだよね〜」という声が聞こえて来た気がしましたが、ちょっと小難しい話にお付き合いください。それぞれの定義は以下のような感じ!

毛母細胞
毛乳頭細胞から栄養を受け取り、毛を成長させる役割を持ちます。毛が古くなると毛乳頭細胞から離れて自然に抜け落ちていきます。要は毛根
毛乳頭細胞
毛細血管から栄養を受け取り、毛母細胞に栄養を送る役割を果たします。毛がある程度成長すると毛母細胞から離れていきます。
毛細血管
体中に張り巡らされためちゃくちゃ細い血管です。高校の生物Ⅱとかで出てきますね。
バルジ領域
未解明な部分が多いですが、バルジ領域が動くことで新しい毛母細胞が生成されることが分かっています。
皮脂腺
お肌の話でもよく耳にしますが、皮脂を分泌するところです。ニキビの原因や黒ずみの原因になったり、皮脂はワキガの原因になったりと女子の大敵です。

脱毛サロンや医療脱毛の多くでは、上記で言うところの毛乳頭細胞をターゲットにして光やレーザーを照射していきます。
毛に栄養を送る役割を果たす毛乳頭細胞が機能しなくなったら、毛は成長しなくなりますから、毛乳頭細胞を機能しなくすることで毛が生えてこなくなるわけです。

この方法は、日本では古来から攻城戦の戦法のひとつとして採用してきました。そう、兵糧攻めです。

くだらない戦国時代ジョークはさておき、毛乳頭細胞が機能しなくなれば、確かに毛の成長はストップします。
ただし美容脱毛、別名エステ脱毛は細胞を破壊できない弱い光なので、毛乳頭細胞の機能を停止することはできても破壊することができないのです。

先程の兵糧攻めに例えるなら、兵糧兵に睡眠剤を飲ませる程度のもので、兵糧兵が起きてしまったらまた難攻不落の大要塞「毛母細胞」に栄養を運ばれてしまいます。

「じゃあ光を強くすれば良いのでは…?」と簡単に言っても、日本の法律では、エステの現場で「細胞を破壊する行為」は認められていません。なぜなら細胞の破壊は病院でのみ認められたものなのです。

悪徳商売の脱毛サロンも流石に法律を破ることはできません。それほどまでに、法律とは絶対的なものなのです。ありがとう日本。

まとめると、医療脱毛は細胞を破壊する行為なので、永続的な脱毛効果を得ることが可能なのですが、脱毛サロンでは細胞を破壊するわけではないので、2〜5年くらいで毛乳頭細胞が復活してしまい、毛の成長が再開してしまうのです。

このような理由から、5年以内に6割以上もの人が脱毛の効果がなくなったと感じるわけです。

医療脱毛でもムダ毛が生えてくることはある

先程述べたように、永久脱毛とは、一生ムダ毛が生えてこなくなることではないので、「永久脱毛ができます」と言っているクリニックに通っても生涯ツルツルになるわけではありません。

医療脱毛に通っても生えてくる主な原因は、「ホルモンバランスの乱れ」によって今まで機能していなかった毛が機能し始めた時や、「照射漏れ」によるものが多いです。

よく産後にヒゲが生えてきたという女性がいますが、これはホルモンバランスの乱れによるものです。

現在の技術で完全にムダ毛を無くす方法は500万本あると言われる体毛の一本一本の毛穴にニードルを差し込んで電流を流す以外ありません。これには、莫大な費用(5億円くらい?)と時間がかかるため、実質ムダ毛と一生おさらばする方法はないと言ってよいでしょう。

ただし減毛量はクリニックのほうが圧倒的で、例えばリゼクリニックが公開している脱毛の回数による減毛量のイメージは以下のような感じです。

引用元:リゼクリニック 5回コースの理由

肌質や毛質に合ったクリニックに5回も通えば90%くらいは体毛が減ると考えて良いです。参考までに、毛質肌質別おすすめのクリニックはこちらの記事で紹介しております。

バルジ式脱毛でも永久脱毛ができる?

バルジ脱毛とは、バルジ領域を破壊することで脱毛効果を得ていく脱毛方式です。最近なにかと話題の脱毛サロンストラッシュや、聖心美容クリニックのようなで受けることができるSHR方式の脱毛がこれにあたります。

この脱毛方式は、確かに理論上一生毛が生えてこない状態をつくることが可能なのですが、先程も述べた通りバルジ領域とは学術的にも未解明な部分が多く、実績も少ないためなんとも言えないのが現状です。

研究者達が画期的な発見をしてくれるまで、脱毛ミーアは保身に走って明言は避けるスタンスです。(笑)

バルジ式脱毛の詳細はこちら

どちらにせよ効果が高いのは医療脱毛

世の中には、エステ脱毛を推薦する記事が多いですが、管理人は完全に医療脱毛推しです。医療脱毛は最近では金額もリーズナブルですし、読者の皆様のことを考えると高額でクォリティの低いエステ脱毛を推薦する理由が見つかりません。

最終的なコスパを考えると確実に医療脱毛のほうが良いと思います。事実、エステ脱毛から医療脱毛に乗り換える方は多数いらっしゃいますが、医療脱毛からエステ脱毛に乗り換えたという方は聞いたことがありません。

痛いのが嫌だという方も、例えばレジーナクリニックでは麻酔クリームを無料で塗ってくれます。聖心美容クリニックでは痛かったら返金キャンペーンを実施するほど痛みには自信があるようです。痛みなく医療脱毛を受ける方法はいくらでもあるのです。

エステ脱毛をおすすめできるのはこんな人!


一応フォローを入れておくと、エステ脱毛にもしっかりとメリットがあります。例えば以下のようなメリットが考えられます!(皮肉)

  • ムダ金を使うことができる!
  • 医療脱毛に乗り換えたいと思うことができる!
  • 医療脱毛に通う前に肌にダメージを与えておくことができる!
  • 化粧品売場では売れないくらいの品質の化粧品を巧みな話術でおすすめしてくれる!

特に、父親が石油王のような方はお金を無駄遣いすることができて嬉しいかもしれませんね!

となると以下のような人にはエステ脱毛に通うメリットがあると言えます。

  • お金がありあまっていて、ゆっくり毛が抜けていくことに喜びを感じる人
  • 強引な勧誘や使いもしない商品を買わされることに喜びを感じる人
  • 脱毛サロンに通っても毛が抜けないことを写真付きでSNSに投稿してドン引きされたい人
  • 脱毛完了後、ムダ毛が再び生えてくる様子を絵日記にして夏休みの自由研究で発表したい人

不幸にも生まれながらにしてお金持ちになる人生しか選択できなかった人も、脱毛サロンに通えば少しは課題解決ができるかもしれません!

脱毛サロン・クリニックを探す