肌をできるだけ傷つけない正しいシェービングの方法

最近は脱毛も主流になってきており、脱毛サロンやクリニックに通って脱毛する人も増えてきています。しかし、全身脱毛をしようとすると30万円近い料金がかかってしまうことから、「なかなか手を出しにくい」と考えている方も多いと思います。

自宅でムダ毛処理をする方法の一つとして、カミソリを使ってシェービングを行うというものがありますが、正しく使わないと肌を傷つけてしまい、肌荒れやシミの原因にーー。

ということで、今回は正しくシェービングをする方法について解説していきたいと思います。

シェービングの時に注意しておきたいポイント

普段何気なく使用するカミソリですが、実は使うたびに皆さんの肌を傷つけています。肌は非常に繊細で、ほんの僅かな機の緩みから目に見えない傷(不見傷)ができてしまいます。

例えばですが、皆さんは普段下着を身に着けていると思いますが、歩いたり座ったりするだけでデリケートゾーンと下着が摩擦を起こします。これによって目に見えない無数の傷ができてしまうのです。その結果デリケートゾーンは色素沈着を起こしてしまいます。

不見傷は、目には見えなくても、雑菌が入り込んだみますし、人体はその傷を治そうとしてメラニンが生成されますから、シミや吹き出物の原因になってしまいます。また、傷が大きくなってカサブタができると、埋没毛という症状にもなります。

埋没毛
埋没毛とは、毛が皮膚の中で成長してしまって、皮膚を押し上げる状態のことを指す。埋没毛になると画像のように吹き出物になってしまう。

このため、以下のようなことに注意する必要があります。

  • 肌が傷つかないように、乾燥した肌にカミソリを当てないようにする
  • 毛が生えている方向に逆らって剃らないようにする
  • 細菌が入り込まないように清潔を保つ
  • カミソリを当てた後はアフターケアをして感想しないようにする

このことを踏まえて以下では正しいシェービングの方法をご紹介していきたいと思います。

正しいシェービングの方法

大前提として知っておいていただきたいのは、肌を一切傷つけずにシェービングする方法はないということです。どんなに気を遣っていても肌は確実に傷つきます。このため、いかに傷を減らすかということがシェービングのポイントになります。

1.シェービングは清潔な浴室で行う

お風呂でシェービング
お風呂に使っていると、毛穴が広がってくれるため、写真のように浴槽に浸かりながら剃るのが理想的

まず、シェービングは清潔な浴槽で行うようにしましょう。肌は感想していると傷つきやすくなるため、肌が濡れた状態を維持できる浴室はシェービングを行うのに理想的な環境です。また、毛も濡れることで剃りやすくなりますから、一石二鳥というわけです。

ただし、ここで気をつけたいのが、お風呂場は雑菌が繁殖しやすい場所であるということです。先にも説明した通り、シェービングをすると目に見えない傷がついてしまいます。雑菌まみれのお風呂でシェービングをしてしまうと、この細菌が傷口に入り込み、炎症を起こしてしまうのです。

微生物研究科によると、浴室の雑菌は一晩放置しておくととんでもない数になるとのこと。

入浴後のお湯を一晩置いておくと、雑菌は100万~1000万倍に増殖。雑菌がある一定数以上である状態を繰り返していると、風呂の給湯配管の中にも雑菌が付着し増殖してしまいます。
NEWS ポストセブン

時間に余裕があるならお風呂を一度きれいに掃除してからシェービングをすることをおすすめします。

2.カミソリは1枚刃を使おう

次に、カミソリは1枚刃のものを使うようにしたいです。複数刃のカミソリのほうが簡単にムダ毛が剃れるため人気がありますが、実は刃の枚数が多くなれば多くなるほど皮膚はダメージを受けてしまいます。このため、肌のことを考えるならできるだけ刃の枚数は少ないもののほうが良いのです。

ただし、1枚刃だからといって、何回も同じ場所にカミソリを当てるのはよくないため、切れ味が鋭くてガードがついているものを選んで購入すると良いでしょう。

3.シェービングクリームを塗ろう

シェービングクリームは肌を保護してくれるものです。最近はカミソリにジェルがついている製品も存在しますが、クリームは別売りされているものを購入したほうが確実です。シェービングクリームを塗っていても肌は傷ついてしまいますが、塗らないよりは塗ったほうがましなので、利用するようにしてください。

4.毛の流れにそってシェービングしよう

毛が生えている方向とは逆の方向から剃ることを逆剃りといいますが、逆剃りをすると、毛が引っ張られて毛穴が開いてしまいます。毛穴が広がりすぎると、そこに細菌や汚れが入り込み、黒ずみや炎症の原因になってしまいますので、逆剃りは基本的にNGだと考えておきましょう。

もし、どうしても逆剃りをする場合は、ある程度毛が短くなってからにしましょう。短くなった毛であれば引っ張られる力も弱まるので、ダメージは少なくなります。

5.剃り終わったら皮膚を保護する

シェービング後はアフターケアを怠らないようにしましょう。シェービングを行った後は、肌を保護する角質層がなくなっているため、とても傷つきやすい状態になっています。

荒れた状態の肌
荒れた状態の肌は非常に傷つきやすくなっている。

この状態を放置しておくと、外部の刺激から肌を守ることができないため、角質に変わって肌を保護するものが必要です。それがローションであったり化粧水です。

カミソリの保管方法にも気をつけよう

先程もご紹介した通り、浴室は最近が繁殖しやすい場所です。シェービング後にカミソリをついつい浴室にほったらかしにしてしまいがちですが、これではカミソリに最近が付着してしまいます。

ですので、シェービング後以下のように剃った毛を落としたら、タオルで拭き取って湿度の高くない場所で保管するようにしましょう。

毛がついた状態を放置しておくと細菌が付着してしまうため、剃り終わったら毛を落としておこう。

保管場所としては、できるだけ風通しがよい場所が理想的です。

部位別に注意しておきたいポイント

次に、ムダ毛処理の場所ごとに注意しておきたいポイントがあるため、いくつかピックアップしてご紹介していきます。

背中は人に処理してもらおう

最近は背中が大きく開いたデザインの服も多くて、露出の機会が多い背中ですが、背中のムダ毛は上から下に向かって生えています。ーーつまり、上から下に向かってシェービングする必要があるのです。

ただでさえ見えない背中をしかも上から下に剃るのはとても難しいですから、背中に関しては人の手を借りて剃ってもらうようにしましょう。

背中のムダ毛処理
背中のムダ毛を処理するためにこんな商品も出ているが……。

あるいは、背中だけでもクリニックに通って脱毛するというのも手かもしれません。

背中の脱毛が安いのはアリシアクリニックで、うなじとのセットで総額103,200円です。まぁ、これならお金を貯めて全身脱毛したほうが圧倒的にお得なのですがーー。

PR

アリシアクリニック

乗り換え割や学割でお得に脱毛できる人気の高い脱毛クリニック

おすすめ度
脱毛機 ライトシェアデュエット / メディオスターNexT PRO(一部院のみ)
全身脱毛総額 ¥330,000
こだわり条件 女性限定 / 当日キャンセル無料 / 解約手数料無料 / 学割 / 乗り換え割

アリシアクリニックは特定の条件を満たせば割引が適用されるため、リーズナブルに質の高い施術を受けることができる人気の脱毛クリニック。導入されているライトシェアデュエットは「日本人の肌に最も合う脱毛機」と言われており、レーザーの波長や痛み軽減のシステムは全世界で高い評価を得ている。サービスに関して言えばアフターケア代無料、当日キャンセル料無料、解約手数料無料などがあるため、とにかく追加料金のことを気にせず契約できることもアリシアのメリットの一つ。口コミでの評価も高く、これらの特徴から、脱毛で失敗したくないという人にピッタリのクリニックと言える。

VIOラインはカットしてからシェービングしよう

cut public hair
VIOラインのムダ毛は太くて長いものが多いです。また、中心に集まるようにして毛が生えているため、逆剃りせずにシェービングするのはとてもむずかしいです。

このため、一度ハサミを使って短めにカットしてからシェービングを開始するようにしましょう。

そうすることで、毛穴が無駄に広がるのを阻止することができます。デリケートゾーンは蒸れやすく最近が繁殖しやすい場所でもあるので、細心の注意を払って処理するようにしましょう。場合によっては、ブラジリアンワックスを利用するのも手かもしれません。

ちなみにVIOラインが安いのは医療脱毛で、脱毛サロンなら15万円程度かかるところ、渋谷美容外科クリニックなら45,000円で永久脱毛することができます。デリケートゾーンはその名の通りデリケートですので、さっさと永久脱毛をしてしまうのも選択肢としてありなのではないでしょうか。

PR

渋谷美容外科クリニック

部分脱毛は最安値クラス!!さらの夜遅くまで営業しているから通いやすい!!

おすすめ度
脱毛機 ジェントルレーズ / ジェントルヤグ
全身脱毛総額 ¥295,000
こだわり条件 シェービング代無料

渋谷美容外科クリニックは関東に4院を展開する部分脱毛がとにかく安い脱毛クリニック。VIO脱毛は45,000円と脱毛サロンの3分の1の料金になっている。また、曜日にもよるが23:00まで営業しているため、仕事帰りでも通いやすいのも嬉しいポイント。

まとめ

カミソリでのムダ毛処理は、毛周期の都合上どうしても頻繁に行わなければいけません。ーーしかし、1回1回のダメージは少なくてもそれが積み重なるとやがてシミや埋没毛になってしまうこともあります。

手軽なムダ毛処理方法だからといって侮らないようにして、正しいシェービング方法を心がけるようにしましょう。

脱毛サロン・クリニックを探す