家庭用脱毛器って効果はある?おすすめはどれ?

家庭用脱毛器は、自宅で脱毛サロンと同じようなムダ毛の処理ができるマシンです。脱毛サロンで使用されているマシンに比べるとパワーも弱いですが、脱毛サロンに通うのを恥ずかしいと感じる人達の間で折衷案として購入されることが多いです。

肌のことを考えると脱毛サロンやクリニックに通ってプロに任せたほうが良いのですが、気になっている方も多いと思いますので、家庭用脱毛器について解説していきたいと思います!

家庭用脱毛器ってどんなもの?

家庭用脱毛器とは、脱毛サロンと同じようなムダ毛処理が自宅でもできるように開発されたマシンのことです。パナソニックやヤーマンといった皆さんも聞いたことがあるであろうメーカーから色々なモデルが出されています。

その中でも一番人気の家庭用脱毛器はアローエイト社の「ケノン」という脱毛器です。

以下では、そんな家庭用脱毛器のメリットやデメリットについて詳しくチェックしていきたいと思います!

脱毛サロンやクリニックと家庭用脱毛器を比較してみた

脱毛サロンや医療脱毛クリニックの料金や脱毛完了までの期間について比較していきたいと思います!
以下の表で一覧にしてみましたので、まずはチェックしてみてください!

家庭用脱毛器 脱毛サロン 医療脱毛
料金 ¥69,800 ¥132,000 ¥189,000
脱毛完了までの期間 2年 1年半 10ヶ月
痛み 弱い 弱い 強い
永久脱毛 不可 不可 可能
肌トラブル時 自分で病院を探す サロン提携の病院へ クリニック内で即座に対応
脱毛の質 低い 普通 高い

※料金は脱毛サロンはコロリー、医療脱毛はレジーナクリニック、家庭用脱毛器はケノンの料金。

家庭用脱毛器はパワーが弱いですし、皆さん自身が照射を行うので、脱毛の質が低く肌トラブルも起こりやすいです。

やはりある程度脱毛の知識があるエステティシャンが出力をコントロールしながら脱毛してくれる脱毛サロンのほうが、肌トラブルは起こりにくいです。

それよりも医学的な知識を持っている看護師さんが施術する医療脱毛はクォリティが高いですし、万一炎症が起こったとしても皮膚科医の診察や薬の処方によって即座に対応してくれるので安心感があります。

一方で料金のリーズナブルさは家庭用脱毛器が圧倒的です。上記の表で紹介したコロリーもレジーナクリニックも全身脱毛は最安値クラスですので、コスパだけは圧倒的です。

家庭用脱毛器の効果は?ちゃんと抜ける?

いくら料金が安いからといって、ちゃんと毛が抜けないと意味がないですよね。ここではTwitterの口コミをいくつか参考にして解説していきたいと思います!

https://twitter.com/haraguro2929/status/990725781004300288

この方のツイッターを遡って見たのですが、ケノンで脱毛するにはかなりの労力が必要のようで、「脱毛サロンに通ったほうが良い」と仰っています。

やはり家庭用脱毛器で脱毛をするのにはある程度労力がいるようで、脱毛サロンに通ったほうが結果的に楽だという口コミが多かったです。

ケノンという家庭用脱毛器はIPLという光を使用していますので、理論上ワキやVIOなどの太い毛には効果が高いです。そのため、口コミでもあるように、ワキへの脱毛効果が高いのは納得できます。

IPLとは、メラニンに集まるレーザーで毛の持つメラニン色素に光が集まってきて毛の奥にある毛乳頭細胞にダメージを与えることで毛が生えてこなくなります。 イメージとしては以下の画像のような感じ!

IPLレーザーの弱点は他の記事でも解説していますが、毛周期ごとに当てないと意味がなく、肌に負担をかけるだけになってしまいます。

ちなみに、「2週間に1回使える」とケノンの公式サイトで書いていますが、そんなペースで照射しても肌への負担が大きくなるだけです。

2ヶ月に1回程度の照射が理想なので、結局脱毛サロンと同じくらいの期間が必要になります。もし2週間に1回照射して脱毛効果があるのであれば、2週間に1回通える脱毛サロンが世の中に溢れかえっているはずです。

https://twitter.com/Shampoo_s2/status/990442258741673987

口コミを見る限り確かにそれなりに効果があるようですが、先程も解説した通り細い毛の脱毛は苦手としているみたいでそれなりに期間と労力が必要なようです。

産毛まで脱毛したい方はストラッシュのようなSHR脱毛という方式を採用しているサロンに通うか、医療脱毛の中でもライトシェアデュエットという脱毛器を導入しているクリニックに通うことをおすすめします。

脱毛方式ごとの脱毛効果に関しては以下の記事で詳しく解説していますので、是非チェックしてみてください!

おすすめの家庭用脱毛器TOP3

家庭用脱毛器にはどんなものがあるのでしょうか?

冒頭でも説明した通り、様々なメーカーが販売しており、何種類あるかは管理人も把握できませんが、口コミでも評判の高い3つの脱毛器を以下ではご紹介していきたいと思います!

一番人気はケノン

「家庭用脱毛器といえば…」と聞かれると誰もがケノンと答えるかもしれませんね。先程の口コミでも登場していましたが、口コミでも評判が高いのがケノンです。1カートリッジあたり100万回の照射ができるバッテリーの持ちの良さや、扱いやすさが魅力の家庭用脱毛器です。

日本製というのも魅力で、他の家庭用脱毛器に比べると少しばかり料金が高いですが品質の良さはピカイチです。ここまで辛口で解説してきた管理人も脱毛サロンに通ったことがなくて、家庭用脱毛器の購入を考えているならケノン一択で問題ないかなと思います。

ケノンの公式ページはこちら

知識がない人にはシルクエキスパートがおすすめ

シルクエキスパートは、イギリスのブラウン社が開発した家庭用脱毛器です。肌の色を自動で読み取って光の強さを自動で調節してくれるため、肌トラブルが起こりにくいです。ただ、出力が弱すぎるため、しっかりした脱毛効果が得られるかどうかは微妙です。

楽天で詳細を見る

医療レーザーを搭載した脱毛器ならトリアパーソナルレーザー

トリアパーソナルレーザーは、医療脱毛レーザーであるダイオードレーザーを搭載した家庭用脱毛器です。脱毛大国アメリカの薬事承認期間であるFDAの認証を受けた脱毛器で、脱毛効果は上記の2つと比べ物にならないくらい高いです。

一方で照射口が小さいため、セルフで脱毛をするにはかなりの労力が必要になるため、扱いづらさはピカイチです(笑)

医療脱毛クリニックにかよっていたけど、あと少しで脱毛が完了するのに…という方におすすめなのが、トリアパーソナルレーザーです。ダイオードレーザーは産毛にも高い効果を発揮すますし、FDAの認可を受けているというポイントはやはり大きいです。

楽天で詳細を見る

家庭用脱毛器は自宅の近くに脱毛サロンがない人向け

まとめると、家庭用脱毛器は理由があって脱毛サロンやクリニックに通えない人以外の方にはあまりおすすめできません。

脱毛サロンやクリニックで使用するレーザーに比べると出力も低く、素人が扱っても肌への負担が少ないのは確かですが、それでもシェービングとは肌へのダメージのレベルが全然違います。

そのため、脱毛のようなデリケートなケアに関してはプロに任せるのが一番だと思います。管理人自身かなり脱毛には詳しいと自負していますが、家庭用脱毛器は怖くて使えません(笑)

最近は脱毛サロンもクリニックも料金が下がってきていますし、まずは一度サロンやクリニックに通ってみるのが一番だと思います。

その上で、ご自分でケアできるかできないかを見極めてください。多分「できない」という結論にたどり着くと思います。

ワキ脱毛ならミュゼが200円で通い放題ですし、湘南美容クリニックは1,000円で6回も通えてしまいます。まずはこのような格安のコースを利用してみましょう!

ミュゼプラチナムの公式ページはこちら
湘南美容クリニックの公式ページはこちら

脱毛サロン・クリニックを探す