VIOのムダ毛を自己処理するのはキケン!?デリケートにケアしよう


最近はデリケートゾーンのムダ毛も全部剃ってしまうという方も多いようです。欧米ではむしろ毛が生えていることが異端とされていますが、日本ではまだまだ「遊んでる感じがする」と敬遠されていたりする背景もあって、パイ◯ンというものが浸透していないような気もしますね。

当サイトの読者である諸姉らも、VIOのムダ毛が気になっていることと思います。でもちょっと待ってくださいデリケートゾーンの毛をカミソリで剃ったり毛抜で抜いたりしていませんか?それはすごくキケンな行為なんです。

VIOのムダ毛処理は色素沈着の原因!?

デリケートゾーンは体の中でも特に色素沈着が強い部位です。この原因は2つあります。

  1. デリケートゾーンは肌が薄い
  2. 刺激を受けやすい

そもそもですが、肌が色素沈着を起こす原因は外部の刺激から肌を守ろうとして生成されたメラニンが原因です。

メラニンはメラノサイトから生成されますが、遺伝でメラニンが全く出ない方々のことを「アルビノ」なんて呼んだりしますが、アルビノの方々は皮膚を紫外線などから守ることができないため皮膚がんになりやすい傾向があるそうです。

色素沈着の原因はメラニン色素

肌が刺激を受けると、メラニン色素が生成されますが、このメラニンは通常の場合新陳代謝によってメラニン色素は外に追い出されるのですが、大量にメラニンが生成されることによって、肌の奥深くにメラニンが残ってしまうことがあります。

引用:The State University of New Jersey

これが色素沈着の原因です。特にデリケートゾーンは皮膚が薄いですから、こういった色素沈着が目立ってしまうというわけです。

この外部からの刺激は紫外線はもちろんだけど、下着との摩擦でも引き起こされるわ。

カミソリは肌にとって刺激になる

日頃からスキンケアに余念がない皆さんならご存知の方も多いと思いますが、カミソリを当てるだけでも肌にとっては大きな刺激になります。

カミソリでシェービングを行うと、目に見えないレベルのキズがついてしまうため、そこから雑菌が入り炎症を起こしてしまう可能性もあります。

もちろん数回のシェービング程度であればそれほど問題ではありませんが、繰り返しシェービングをすることで肌に刺激を与えることでどんどんメラニン色素が溜まっていきます。

VIOのムダ毛処理は嫌なニオイのもとになる!?

デリケートゾーンの女性特有のニオイを解消する製品として、Vagisilなんて製品がありますが、多くの女性の悩みでもありますよね。実は、このニオイの原因は、最近によるものなのです。

先程紹介したVagisilは、アメリカでは有名な制汗剤メーカーですが、同社のサイトでは、女性特有のニオイの原因について、以下のように述べています。

There’s no shame in asking! While yeast infections are not accompanied by a strong odor, Bacterial Vaginosis (BV) and Trichomoniasis (Trich) are. BV is a common infection caused by the overgrowth of natural bacteria that reside in the vagina and is often accompanied by itching, white-gray discharge and a strong, fishy odor. Trich is the most common, curable STD and is usually accompanied by itching, burning, redness and a frothy, yellow-green discharge. If you experience either of these symptoms, we recommend you consult your doctor.
引用元:Vagisil公式サイト

筆者の拙い英語力での要約で申し訳ないですが、「ニオイは細菌性膣炎、トリコモナス症によって引き起こされるもので、どちらも膣内にもともと存在する細菌の増殖によって引き起こされるものである」同時に、Vagisilでは、「このニオイは本人では気づきにくく、発汗や性行為の時にそれは顕著になる」とも述べています。

実は、カミソリでのシェービングでも肌に大量の細菌が付着する可能性があります。多くの場合カミソリは浴室などの湿度が高く細菌が繁殖しやすい場所に保管しています。これは刃に細菌が付着するチャンスになります。

細菌が付着したカミソリでシェービングを行うと、膣内にもともと存在する細菌と協力しあって増殖してしまう可能性もあるのです。

Vagisilは魚臭っていう表現をしているけど、ニオイがきつい人はまさにそんな感じみたい。

VIOのムダ毛を処理をするならできるだけ早く永久脱毛

このような理由から、できるだけ早くVIOのムダ毛は永久脱毛してしまうことをおすすめします。

脱毛に使用するレーザーは、毛が持つメラニン色素に反応すると同時に肌の持つメラニンにも反応してしまいます。
そのため、色素沈着してしまった肌にレーザーを照射すると激痛が走ります。このメラニン色素こそ「VIO脱毛は痛い」と言われる原因です。

VIO脱毛をするなら医療脱毛がおすすめ

脱毛に造詣の深い皆さんならご存知かもしれませんが、永久脱毛は脱毛サロンではできません。脱毛サロンに通ってもまたムダ毛は復活してくるのです。
また、費用的な面で考えても、部分脱毛であれば医療脱毛のほうがダントツで安いです。

以下の記事ではVIO脱毛の料金を比較してるから、是非チェックしてみてね!

脱毛サロン・クリニックを探す