毛細胞

Tagged
色素幹細胞とは
色素幹細胞はバルジ領域で生成される毛の色を決定する幹細胞。色素幹細胞の遺伝子データに「ユーメラニン(黒色)」が多ければ黒い毛が生成され、「フィオメラニン(赤色)」が多ければ、金髪を生成する。一般的にアジア人はユーメラニンの比率が高いため体毛の色は黒く、ヨーロッパ人はフィオメラニンの比率が高いため金髪や茶髪が生成される。...
毛包幹細胞とは
毛包幹細胞は、毛の形を決定する幹細胞で、バルジ領域で生成される。毛の色を決定する色素幹細胞を維持する役割を持っていると考えられているが、その全容は未だ科学的にも明らかになっておらず、2019年現在も研究が進められている。 毛包幹細胞は、自己複製機能を持っており、これは17型コラーゲンという人間が体内で生成することができ...
メラニン色素とは
メラニン色素は、メラノサイトから生成される物質で、紫外線など人体にとって有害な物質を吸収する役割を持っている。人は太陽の光(紫外線)を浴びると日焼けをするが、紫外線が体内に侵入しないようにメラニンを生成する防衛反応の一種。赤道付近で生活する人種は生まれつき肌に多くのメラニンを含んでおり、これは大量の紫外線を浴びても大丈...
ユーメラニンとは
ユーメラニンは、2種類あるメラニンの一つで、黒色の色素を持ったメラニンのこと。私達日本人の毛はユーメラニンを多く含んでいるため黒く、逆にヨーロッパ系の人種はフィオメラニンというメラニン色素を持つため金髪や赤髪を生成する。 何色の毛を生成するかということは、バルジ領域に存在する色素幹細胞の比率が毛の色を決定する。色素幹細...
毛母細胞とは
毛母細胞(英:hair matrix cells)は毛の最も深いところに位置する細胞で、毛球とも呼ばれる部分。毛乳頭細胞から成長シグナルを受け取り、毛全体を成長させる役割を持っている。 毛母細胞はバルジ領域で生成される毛包幹細胞が集まってできるもので、毛包幹細胞がある限り無限に生成されることができる。「ピンセットで抜い...
バルジ領域とは
バルジ領域(英:Bulge)は、毛包幹細胞や色素幹細胞といった、毛細胞の元になる幹細胞を生成する領域。表皮から比較的浅い位置にある膨れている部分のことを指す。(英語で膨らみのことをBulgeというため、バルジと名付けられた)バルジ領域に関しては科学的にもよく分かっていないことが多く、肌を再生する機能があるとか、何らかの...
毛乳頭細胞とは
毛乳頭細胞(英:Hair papilla)は発毛伝達物質であるBMPやエフリンという発毛シグナルを伝達し、毛を成長させる役割を持った毛細胞。毛乳頭細胞は一度破壊されると二度と再生しないため、レーザー脱毛やニードル脱毛では、この細胞を破壊することで永久脱毛を実現することが可能。 毛が成長する段階では毛母細胞と密着して、成...